SBT、外部公開メールアドレスへの標的型攻撃の検知・隔離サービス

ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は5月11日、外部へ公開しているメールアドレスへの標的型メール攻撃を検知、隔離するクラウド型サービス「Public opened Email Protection(PEP)」の提供を開始すると発表した。

「PEP」運用概要

メールによるサイバー攻撃は、最も広く使用される攻撃手段の1つ。中でも、特定ターゲットの重要なデータや個人情報を奪おうとする標的型サイバー攻撃「スピア・フィッシング攻撃」は、従来型セキュリティ対策ではカバーしきれないため、サイバー攻撃に多用されている。

こうした脅威に対して、特に対策が必要となるのが、広報や人事の問い合わせ窓口や、お客様窓口など、外部へ公開しているメールアドレス。外部公開メールアドレスの多くは、業務上、不特定の社外メールアドレスとのメールのやりとりが発生するため狙われやすく、また、攻撃メールを開きやすいというリスクがある。

PEPは、高度な標的型サイバー攻撃から、公開メールアドレスを保護するクラウド型サービスで、対象となる任意のメールアドレスに対し、業界最先端のサンドボックスを利用して標的型メール攻撃を検知し、自動隔離する。

SBTのセキュリティ専門のエンジニアによる運用サービスが含まれているため、顧客の手間や負担無く公開メールアドレスのセキュリティを強化することができる。また、クラウド型で、1アドレス単位で利用できるので、要件に合わせて手軽に導入が可能だという。

同社はサービス提供開始を記念して「PEPリリースキャンペーン」を実施し、2015年6月末までの申込みで初期設定費用を無料とするという。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事