三井住友銀行の連結子会社、現金の集配金などに作業支援用ロボットを導入

三井住友銀行の連結子会社であるSMBCデリバリーサービスはこのたび、5月よりCYBERDYNEが開発・製造・販売する「ロボットスーツHAL作業支援用(腰タイプ)」を、金融機関として初めて導入すると発表した。

SMBCデリバリーサービスは、現金の集配金などを行う会社で、主に三井住友銀行の各店舗へ搬送する現金などの仕分けを行っているという。搬送する現金などは、相当の重量があるため、特に高齢の従業員にとっては持ち運ぶ際に、身体にかかる負担が大きいケースもあったという。

そのため、三井住友銀行とSMBCデリバリーサービスは、身体にかかる負担を軽減し、高齢の従業員にも働きやすい労働環境への改善を検討してきたが、このたびCYBERDYNEが開発した「ロボットスーツHAL作業支援用(腰タイプ)」を導入することで、作業時における腰部などへの負担を軽減できるように対応したとしている。

三井住友銀行では、職員の働きやすい環境の整備を引き続き行うとともに、今後も顧客に対し、きめ細やかな商品・サービスを提供していくとしている。

また、CYBERDYNEは、サイバニクス技術を駆使した革新的テクノロジーによって、作業現場での労働環境改善、労働災害防止をはじめとした様々な社会問題を解決していくとしている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事