Apple Watch、腕に入れ墨があると心拍数の測定に大きく影響

心拍数を測定する機能が搭載されたApple Watchだが、手首に入れ墨があると、測定パフォーマンスを低下させるという。Apple Watchのサポートページにこのほど注意書きが追加された。

画像の枠内が新たに追加された文章

サポートページによると、永久的にもしくは一時的に、たとえば肌に入れ墨のような変化をもたらした場合に、心拍センサーの測定パフォーマンスに影響を与えるとしている。Apple Watchは心拍測定にあたって、本体裏側の緑色LEDライトと感光性フォトダイオードを組み合わせて、血液の量を検出している。このため、腕に入れ墨のようなものがあると、センサの反応に影響を与え、心拍数の測定に影響をあたえるようだ。入れ墨でなく、腕にペインティングした場合も、同様の反応となりそうだ。

本体裏側のLEDライトと感光性フォトダイオードで血液量を測定し心拍数として出す

この記述は、最近になって、記載されたもので、米Appleのサポートページに記述されているが、日本のサポートページには同様の記載がなされていない。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事