野沢雅子、『ドラゴンボール』次回作は「当然ある!」-舞台あいさつで意欲

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』舞台あいさつに登場した野沢雅子

公開から7日で動員100万人を突破した映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の舞台あいさつが28日、東京・TOHOシネマズ新宿にて行われ、孫悟空・悟飯を演じる野沢雅子ら主要キャストが登壇した。

MCが、28日までにさらに動員数が140万人に到達したことを壇上で発表すると、野沢は「オス、オラ悟空。大ヒット! おめえたちがみ~んな見に来てくれるから、オラうれしいぞ!」と悟空の声で喜びのコメント。さらに、「今日で終わりじゃねえからな。これからもよろしくな!」と続けた。

11日には『ドラゴンボールZ』シリーズ初となるLAプレミアに山室直儀監督らとともに参加した野沢。その時に現地スタッフから「日本の俳優・女優さんがたくさん来るけど、こんなに人が集まったのは初めて」と伝えられたことを明かし、「本当にうれしかった。それだけ悟空たちが世界中で愛されてるってことだから」と感慨深げに語った。

次回作について聞かれた野沢は、「それは当然あるでしょう。私たちで決めちゃいましょう!ここで決めちゃえば絶対ある!」と乗り気に。フリーザを演じた中尾隆聖は、「今回もう復活してますからね。今日の映画でフリーザがどうなっていても(次回作があるとしたら)出ますよ(笑)」と発言し、会場を沸かせていた。

中盤からは、アイドルグループ・ももいろクローバーZが登場し、主題歌「『Z』の誓い」を披露。初めて生でももクロのパフォーマンスを見た野沢は、「すっばらしい! すてきな上にかわいくって。気持ちとしては、(悟空の声で)『すげーぜ、すげーぜ!』って会場中を走り回りたい気分」と大興奮。「"Z"が付くもの同士、お互いに頑張りましょう!」と呼びかけると、ももクロの百田夏菜子が「野沢さん直々に『Z』をいただきました!」と大喜びする一幕があった。

さらにイベントの最後には、サプライズでTVアニメ新シリーズの放送が発表。7月よりフジテレビほかにて日曜9時からスタートする最新作は、『ドラゴンボール超(スーパー)』と銘打たれ、原作者の鳥山明氏が初めてTV版のストーリー原案を担当する。同作の新作アニメが制作されるのは『ドラゴンボールGT』より約18年ぶりのこと。

この日の舞台あいさつには、フリーザ役の中尾隆聖、ベジータ役の堀川りょうも登壇。映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』は、全国で上映中。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事