ディズニーシーに"アナ雪"と"北欧"テーマの新エリア--TDL・TDS開発構想発表

 

オリエンタルランドは4月28日、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーの今後の開発構想について発表した。

東京ディズニーシーでは「北欧」をテーマとした新テーマポートの開発を構想

同社は今後10年間(2015年3月期~2024年3月期)で、テーマパーク事業に5,000億円レベルの投資を実行していくという。

東京ディズニーランドでは、「ファンタジーランドの再開発」をコンセプトに、ファンタジーランドの面積を約2倍へと拡張する大規模なエリア開発構想を検討している。同構想においては、東京ディズニーランドの「ファンタジーランドの再開発」を複数のエリアで構成し、その一部についてディズニー映画『美女と野獣』『ふしぎの国のアリス』をテーマとする方向性とした。

東京ディズニーランド ファンタジーランド 『美女と野獣』をテーマとしたエリア

東京ディズニーランド ファンタジーランド 『ふしぎの国のアリス』をテーマとしたエリア

東京ディズニーシーでは、ロストリバーデルタの南側の拡張用エリアに、8つ目となる「新テーマポートの開発」を検討。一部のエリアについて、ディズニー映画『アナと雪の女王』の世界をテーマとし、新テーマポートの全体テーマを「北欧」とする方向性となった。

なお、両構想におけるいずれのエリアも、東京ディズニーリゾートオリジナルのアトラクションやレストランなどを導入。"世界でここだけ"の魅力あふれる新エリアとして開発する方針とのこと。導入時期は2017年度以降を予定しており、2015年中にはエリアの詳細を発表する予定となっている。

東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーの開発構想

開発エリア

※画像は全てイメージ

(C)Disney

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事