Baidu、日本の検索サービスを3月に終了 - ひと月以上経って話題に

Baidu Japanは28日、日本における検索サービスの提供を停止したことを改めて公表した。3月半ばにはサービスの提供を終えていたが、いまになって多くのメディアに取り上げられている。今後は日本語入力キーボードアプリの「Simeji」に注力していくという。

同社によると、検索サービスの提供終了は3月10日にユーザーに告知、その後、3月16日にBaidu.jpのリニューアルを機に検索サービスをクローズしていた。メンテナンス自体は2013年8月頃からストップしていたという。

検索サービス終了の理由は、事業の選択と集中。同社は日本語入力キーボードアプリのSimejiを2011年に買収、以後、好調が続き、今年2月25日時点で、iOSおよびAndroidアプリをあわせて1400万以上のダウンロードを記録したと発表している。一方、検索事業では、Google、Yahoo! Japan、2強の時代が続いており、同社では好調なSimejiに経営資源を移すことになった。

なお、今回のニュースに関連して、日本からの事業撤退とする報道があったようだが、事業撤退については否定しており、Simejiをはじめとしたその他の事業に関して継続して展開していくとしている。

Baiduウェブサイトでのコメント

人気記事

一覧

新着記事