ピロリ菌成分は発がん物質の変異原性を強める - 岡山大が発表

  [2015/04/23]

岡山大学(岡山大)は4月23日、ピロリ菌成分が突然変異を引き起こすこと、他の発がん物質の変異原性を増強することを発見したと発表した。

同成果は、岡山大大学院医歯薬学総合研究科(薬)の有元佐賀惠 准教授、岡山理科大学、京都府立医科大学、松下記念病院の共同研究グループによるもので、3月24日付(現地時間)の英科学誌「Mutagenesis」オンライン版で公開された。

ピロリ菌感染と胃がん発症は強い相関があること、すべてのがん細胞のDNAには突然変異があることはすでに知られている。また、ピロリ菌に慢性感染すると胃上皮細胞の突然変異率が上昇することも報告されている。しかし、ピロリ菌は突然変異を引き起こさないという報告もあり、ピロリ菌感染が突然変異を引き起こす機構はわかっていなかった。

今回の研究では、ピロリ菌に感染したスナネズミで、通常は胃がんを起こさない低濃度のアルキル化剤系発がん物質投与でも胃発がんを起こす報告があることに注目。突然変異を高感度検出する方法を使い、ピロリ菌成分を加えたネズミチフス菌、およびヒト由来の培養細胞で突然変異が起こることを発見した。

さらに、ピロリ菌成分とアルキル化剤系発がん物質の両方を加えると、アルキル化剤系発がん物質を単体で加えた場合よりも多くの突然変異が発見され、ピロリ菌成分がアルキル化剤系発がん物質の変異原性を増強することが判明した。

今回の研究によって、ピロリ菌の変異原性成分が胃上皮細胞変異と胃がん発症に関与している可能性が示唆されたことで、今後、突然変異を阻害し胃がんを予防する薬の開発につながると期待される。

関連キーワード


IT製品 "比較/検討" 情報

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ガンダムバルバトス、第1~6形態を再現するコンプリートセットが登場
[19:00 5/24] ホビー
坂上忍、小林麻耶の体調は「大丈夫そう」- 現状明かす
[18:58 5/24] エンタメ
スーパーマーケットのハローズ、需要予測型自動発注システムを導入
[18:52 5/24] 企業IT
ZMP、実車とドライブシミュレーターを用いた実験走行サービスを開始
[18:50 5/24] テクノロジー
読売新聞「yomiDr.」がCMSを刷新 - アクセス数耐性が3倍、運用コストを50%削減に貢献
[18:41 5/24] 企業IT

特別企画 PR