松山ケンイチ主演作の伝統エイサー映像公開! SABU監督「ただただ感動」

 

俳優・松山ケンイチが主演する映画『天の茶助』(6月27日公開)の「伝統エイサー」のシーンが22日、公開された。

松山ケンイチ(左)と大野いと

本作は、デビュー作『弾丸ライナー』(1996年)以来、海外からも評価が高い作品を世に送り出してきたSABU監督の最新作。天界の脚本家が書いたシナリオどおりに人間の人生が進む世界で、松山演じる茶助は、ひそかに恋心を抱いていた人間・新城ユリ(大野いと)の運命を変えるために、下界へ降りることを決意する。撮影は全編沖縄で行われ、沖縄各地の伝統芸能団体が出演している。

今回公開された映像は、天界から降りてきた茶助が、商店街で披露される沖縄の伝統芸能・エイサーの迫力に圧倒されるシーンから始まる。舞っている「沖縄市園田青年会」は、撮影のために何度も演じてくれたそうで、SABU監督は「気温の高い沖縄で、梅雨の湿度も合わさって、それはもう息苦しい程の暑さなんです。それなのにOKが出たあとに、もう一回と、出演者とスタッフのためだけに演舞してくださった時にはただただ感動で胸がいっぱいでした」とコメント。

続いては、ユリを助けられなかったことでうなだれる茶助の前に、「こっけい」という白塗りの道化役「京太郎(チョンダラー)」だけで構成される伝統エイサー(平安名青年会)が現れるシーン。夜の商店街を背景に、目に怒りの陰が差しはじめた茶助との対比を印象付ける場面になっている。


(C)2015『天の茶助』製作委員会

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

最新映画『ONE PIECE』初日に豪華声優陣が集結 - 劇中さながらのやりとりにファン興奮
[10:00 7/24] ホビー
劇場版『アクセル・ワールド』、ついに公開! キャスト登壇の初日舞台挨拶
[10:00 7/24] ホビー
待ち合わせのときiPhoneを役立てるベストな方法は? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[10:00 7/24] スマホとデジタル家電
[中島亜梨沙]「真田丸」“妖艶”吉野太夫 “干物女”と自称するギャップ
[09:00 7/24] エンタメ
EvernoteからOneNoteに移行するには? - イチからはじめるOneNote
[09:00 7/24] スマホとデジタル家電

本音ランキング