戸田恵梨香、"予告"を宣言する共演者らをバッサリ「バカなの?」

 

映画『予告犯』の完成披露舞台あいさつが21日、東京・千代田区の東京国際フォーラムで行われ、キャストの生田斗真、戸田恵梨香、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々と中村義洋監督が出席した。

映画『予告犯』の完成披露舞台あいさつに出席した戸田恵梨香

筒井哲也の同名漫画(集英社刊)を実写化した本作は、インターネット社会で巻き起こるテロを描いた作品。動画投稿サイトで犯行を予告し、実行に移す謎の犯罪グループ“シンブンシ”。法律で裁かれない人間たちを制裁する彼らは、警視庁サイバー犯罪対策課と頭脳戦を繰り広げる――というストーリーで、映画は6月6日から全国公開する。

"シンブンシ"のリーダー格・ゲイツを演じた生田は、「嵐の生田斗真です。自信を持って届ける作品になりました」とジョークを交えつつ、胸を張ってアピール。「根底にあるゲイツの優しさや仲間を想う気持ちが詰まっていて、演じ甲斐がある役だった」と語った生田は、新聞紙を被りながらの演技に苦労もあったようで、「みなさんも新聞紙を被ってみて欲しい。苦しいし、暑いし、前が見えない。なかなか大変でしたね」と苦笑いしていた。

一方、エリート刑事を演じた紅一点の戸田は、「外では言えないセリフもあったし、非常に楽しかった。今までに味わったことが無い開放感」と撮影を振り返り、"シンブンシ"メンバーで好きなキャラクターを聞かれると、「カンサイかな? 同じ関西出身だし、バンドもやってて格好良い。男性らしく引っ張っていってくれそう」と即答。「実写化するなら俺しかいないと思ってた」と話したカンサイ役の鈴木は、「それって鈴木亮平のこと?」とうれしそうな笑みをこぼした。

また、本作の内容にちなみ、公開までに実現する"予告"について、生田が、「初日舞台あいさつで司会をやります!」と発表。続けて、鈴木が「歌手デビューしてやる!」と宣言するも、戸田は、「バカなの?」と一刀両断で、「結婚します! 戸田さん、誰かいない?」と言う荒川にも、「紹介したくない!」とバッサリ。そんな戸田は、「身長を2cm伸ばす」と言い、冷たくあしらわれていた荒川は、「舞の海みたいに頭にシリコン入れちゃえば?」とここぞとばかりに突っ込み、笑いを誘っていた。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー

本音ランキング