MAXIM、産業機器向けに4ポートIO-LINKマスターリファレンスデザインを発表

 

Maxim Integratedは4月13日(米国時間)、独自のIO-Linkマスターと複数の産業用センサを1つのプラットフォームで開発可能とするリファレンスデザイン「MAXREFDES79#」を発表した。

同デザインはIO-LinkマスターとIO-Linkセンサシステムの両方の開発および評価に必要なコストと時間を削減することを目的としたもので、最大4つのセンサを同時にテスト可能であるという特徴を有する。同システムは各IO-Linkマスター(MAX14824)に対して1つずつ、計4つのポートを備えており、電源製品を内蔵しているほか、400μsのCOM 3通信を使用しており、アダプタを付属し、microUSBデータ接続に対応している。

すでにソフトウェアスタックを備えた評価ボードが500ドルで提供されているほか、最初のユニットの単価は415ドルで、同社のWebサイトおよび一部のフランチャイズディストリビュータにて入手が可能となっている。また、ハードウェアとファームウェアの設計ファイル、およびテストデータは無料で提供され、オンラインで入手可能だという。

4ポートIO-Linkマスターの「MAXREFDES79#」



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

アグリーメント、営業支援パッケージにデータ分析用テンプレートを追加
[12:00 8/30] 企業IT
【連載】Hadoopによるビッグデータ分析基盤設計入門 (3) DWH/RDBMSとHadoopの特徴比較
[12:00 8/30] 企業IT
兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第76回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(17) テレワーク
[12:00 8/30] 企業IT
漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第336回 ガラガラゲット
[12:00 8/30] 趣味
名画とスター猫がコラボ!? 今度の「ねこ休み展」は美術館がテーマ
[11:54 8/30] 趣味