FULLER、スマホアプリ利用動向調査ツールに分析データ項目追加のPremium版

FULLERは4月13日、同社が提供するスマホアプリ利用動向調査ツール「App Ape Analytics」に、新たに分析データ項目や機能を追加した「App Ape Analytics Premium版」のサービスを開始すると発表した。

「App Ape Analytics Premium版」

「App Ape Analytics」では、数万以上のサンプル数を集計した統計データをもとにした、アプリの利用情報や詳細情報、性別年齢を含めるユーザーのデモグラフィック情報を、Webやモバイル上で確認することができる。スマホアプリ市場や競合の分析ができるだけでなく、過去のデータも分析できるため、それぞれの分析データ項目の数値の推移を分析し、長期での市場・トレンドの変化や、競合の調査が可能となる。

Premium版では、「時間帯別アクティブ率」「HAU(Hourly Active Users)」「同時所持率」といった分析データ項目を追加。これにより、データに基づいたより精度の高いマーケティング企画、新製品開発や、CM放映などの効果検証に役立てることが可能となった。また、グラフに表示された時系列データの実際の数値を、ボタンひとつでダウンロードできる「CSVダウンロード」も新機能として追加された。

「App Ape Analytics」Free版、Enterprise版、Premium版の違い

Premium版は、毎月自動更新で料金49万8,000円/月から、アプリ数無制限での提供となる。2013年11月以降のデータであれば無制限で利用が可能。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事