ウイルス感染による糖尿病発症に関連する遺伝子を発見 - 九州大など

 

九州大学はこのほど、ウイルス感染による糖尿病発症に関わる遺伝子を発見したと発表した。

同成果は九州大学大学院医学研究院保健学部門の永淵正法 教授と、生体防御医学研究所、宮崎大学医学部、佐賀大学医学部、大分大学医学部、愛知県衛生研究所、シカゴ大学医学部らの共同研究グループによるもの。4月7日付け(現地時間)の国際学術誌「Nature Communications」に掲載された。

ウイスル感染によって糖尿病を発症する可能性はこれまでも指摘されており、糖尿病を誘発する脳心筋炎ウイルスD株(EMC-Dウイルス)が一部の系統のマウスのみに高率に糖尿病を誘発すること、さらにその感受性遺伝子は単一であることが知られていたが、その責任遺伝子はわかっていなかった。一方、近年の研究でEMC-Dウイルスの感染によって糖尿病になるかどうかは、自然免疫が重要であることが明らかとなっていた。

今回の研究では、ウイルス感受性の高い系統のマウスでは、ウイルス感染の防御に働くインターフェロンの効果を発揮するために必要なTyk2遺伝子に異変が起きていることがわかった。また、これらTyk2遺伝子異変マウスの通常の細胞では、高濃度インターフェロン刺激によりウイルス抵抗性が回復したが、インスリンを作る膵臓のランゲルハンス島β細胞では回復力が少なかった。このことから、ウイルス感染を受けてもTyk2遺伝子が正常に働かず防御機能が低下し、インスリンを作るランゲルハンス島β細胞が破壊されてしまい糖尿病が発症していたことがわかった。

今回の成果は、マウスに比べてよりウイルス感染に感受性が高いヒトにおいてもウイルス感染が糖尿病の危険因子の1つとなり得ることを示すもので、今後、ウイルス糖尿病の病態の解明、糖尿病を起こしやすいウイルスの発見、わらにはそのワクチンの開発につながることが期待される。

EMC-Dウイルス



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「Geekbench 4」登場、最新ハードウエアに対応、モバイル/PCの比較向上
[12:42 9/1] スマホとデジタル家電
国内初、BIMデータを使用した建築確認申請で確認済証が交付
[12:38 9/1] テクノロジー
2面タッチスクリーンは想像以上に使える印象!! - 「Yoga Book」ファーストインプレッション
[12:27 9/1] パソコン
下村尊則あらため下村青、『吉良奈津子』でTVドラマデビュー「青天の霹靂」
[12:17 9/1] エンタメ
日本エイサー、スリムボディでもハイスペックのゲーミングデスクトップPC
[12:04 9/1] パソコン