アンリツ、テレダイン・レクロイ・ジャパンと光通信用計測器分野で協業

 

アンリツは4月1日、テレダイン・レクロイ・ジャパンとの間に日本国内における光通信用計測器の販売で協業することで合意したと発表した。

同協業により、アンリツは、テレダイン・レクロイ・ジャパンの超広帯域オシロスコープ「LabMaster」を販売することとなるほか、テレダイン・レクロイ・ジャパンは、アンリツのシグナルクオリティアナライザ「MP1800Aシリーズ」の販売を行っていくこととなる。

なお、今回の協業は、クラウドコンピューティングサービスの普及によるデータ通信速度の向上に伴う電気信号の誤り率を測定するBER測定器と電気信号の時間的な変化をリアルタイムに観測するオシロスコープのニーズの高まりを受けたものと両社では説明しており、今回の取り組みにより、次世代超高速ネットワークの実用化に貢献いきたいとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「働き盛り」って何歳ですか?
[11:42 8/25] シゴト
女性が仕事選びで妥協できること1位は「残業時間」 - 妥協できないものは?
[11:31 8/25] シゴト
夏でも冷え性になる(グラフィックデザイナー、女性、40代) - 若林理砂のあるあるカルテ
[11:30 8/25] 企業IT
ルネサス、演算性能を従来比30%強化したDLMS対応スマートメータ用マイコン
[11:24 8/25] テクノロジー
カシオ「EXILIM」、19mm~95mm相当の広角ズームレンズ搭載「EX-ZR4000」
[11:12 8/25] スマホとデジタル家電