土屋太鳳、玉山&シャーロット"夫婦"から朝ドラバトンタッチ!

NHK連続テレビ小説のバトンタッチセレモニーが26日、東京・渋谷区のNHK放送センターで行われ、現在放送中の『マッサン』から玉山鉄二、シャーロット・ケイト・フォックス、30日に放送スタートする『まれ』から土屋太鳳が出席した。

NHK連続テレビ小説のバトンタッチセレモニーに出席したシャーロット・ケイト・フォックス、土屋太鳳、玉山鉄二(左から)

劇中の衣装で登場した土屋は、「毎朝メイク室で見て、パワーをもらってました。長い撮影、お疲れ様でした」と"夫婦"をねぎらい、シャーロットと抱擁を。セレモニーでは、プレゼント交換が行われ、パティシエを目指す希を演じる土屋は、マグカップとエプロンをもらい、「すごくうれしいです。これを心の糧に頑張っていきたい」と大喜びしていた。

そんな土屋に、玉山は、「正直すごく大変。僕もシャーロットも倒れました」と撮影の苦労を語りつつ、「頑張ったら褒めて、ダメだったら反省して、自分と向き合うことが大事。スタッフやキャストと一緒に楽しんでモノづくりをしてほしい」と熱いエールを。続けて、シャーロットも、「私に何でも言って! お弁当を持ってきたり、マッサージをしに来るから」と茶目っ気たっぷりに微笑んでいた。

また、土屋からは、希の故郷・石川県の輪島塗ペアカップが贈呈され、ミュージカル出演のため、米国に帰国予定のシャーロットは、「このカップを見て、玉山さんを思い出したい」とにっこり。今後、日本での芸能活動も視野に入れているシャーロットだが、日本語に四苦八苦する様子を見た報道陣が日本での芸能活動は難しいのでは? と厳しいツッコミを入れると、「そうね。じゃあ、帰る?」と笑顔で切り返していた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事