ST、IoT機器へ簡単にセンシング機能を追加できる開発フレームワークを発表

STMicroelectronicsは、AndroidまたはiOSプラットフォームを対象としたBluetooth Low Energy対応センサ端末の開発期間を短縮する新しい開発フレームワーク「BlueMicrosystem1 Open.Framework」を発表した。

同フレームワークは、温度、湿度、圧力、動き、位置データの検出・処理・伝送を行うアプリケーションに向けた包括的ソリューションで、これを活用することで、IoT機器やウェアラブル機器をはじめ、高い性能と低消費電力が求められる無線センサ機器の開発を加速させることが可能になると同社では説明している。

リアルタイム・モーション・センサを含むライブラリに加え、大気圧センサのサンプル・アプリケーションが付属しており、このサンプルを活用することで、完全に機能する無線センサ・ノードの構築方法を確認できるようになるため、迅速な開発が可能になるという。また、この大気圧センサのサンプル・アプリケーションは、32bitマイコンである同社の「STM32 F4」を搭載した「STM32 Nucleoボード(NUCLEO-F401RE)」、MEMSモーション・センサおよび環境センサを搭載した拡張ボード「X-NUCLEO-IKS01A1」、Bluetooth Low Energy拡張ボード「X-NUCLEO-IDB04A1」の3種類で構成され、使用可能な状態で提供されるという。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事