米Apple、横浜のパナソニック工場跡地に研究開発拠点を建設 - 2016年に完成

 

米Appleは、25日の横浜市長の発表を受けて、横浜市港北区にあるパナソニックの工場跡地にテクニカル・デベロップメント・センターを建設すると発表した。

Appleは、昨年の12月に日本国内に研究開発拠点を設置することを発表したが、具体的な場所や開設時期は公表されていなかった。今年の3月中旬にリクルートの求人情報サイト「リクナビNEXT」で同研究開発拠点の人材募集が行われていることが分かり、「IC 評価エンジニア」「Mixed-Signal IC テストエンジニア」「IC検証エンジニア」「Mixed-Signal IC プロダクトエンジニア」「アナログ IC デザイナー」「シニアCADエンジニア(フロントエンド)」という6つの職種に申し込めるようになっていた。

25日に記者会見を行った横浜市の林文子市長は、同市港北区のパナソニック工場跡地に、Appleがテクニカル・デベロップメント・センターを建設する計画を明らかにした。Appleは、約37,900平方メートルの跡地のうち、約12,500平方メートルを取得。施設の延べ床面積は約25,000平方メートルとなるとのことで、2016年度中の完成を見込みんでいる。

本件に関し、Appleは以下のようにコメントしている。

綱島(横浜市)に本格的なテクニカル・デベロップメント・センターの建設を始めることとなり、これにより日本におけるさらなる業務拡大ができますことを大変喜ばしく思います。このランドマークとなる建物は、従来に比べエネルギー使用量を40パーセント削減し、敷地内に1200本以上の樹木を新たに植えたり、屋上の緑化や水の再利用を行なうなど、環境に配慮した特長を備えています。こうした環境にやさしい施設にすることを、横浜市と共に進めてまいります。私たちは日本における弊社のこれまでの歴史を誇りに思いますと共に、30年以上支え続けてくださる多くのお客様に感謝申し上げます。

あわせて、同施設の完成予想図も公表した。

人気記事

一覧

新着記事

春雨スープやグラノーラも!? 実はダイエット向きじゃない食品6選
[15:34 7/27] ヘルスケア
『ガヴリールドロップアウト』のTVアニメ化が決定! メインスタッフを公開
[15:32 7/27] ホビー
Windowsのプロダクトキーをコマンドで知る方法
[15:30 7/27] 企業IT
TVアニメ『初恋モンスター』よりラバストなどユニークなグッズが登場
[15:15 7/27] ホビー
ガイアの夜明けの「患者を救う"極めた技術"」特集に称賛の声が続々
[15:08 7/27] ヘルスケア