jig.jp、子供パソコン「IchigoJam」のライセンス販売を開始

jig.jp(ジグジェイピー)は、子供のプログラミング教育ツールとして開発した「IchigoJam(イチゴジャム)」のライセンス販売を開始したと発表した。

IchigoJamはまったくの初心者でも一歩一歩プログラミングについて学ぶことが可能で、福井県鯖江市立鯖江東小学校ほか、子供向けイベントや高等専門学校などで、すでに導入されている。

オープンデータや、IoTによってプログラミングの可能性が広がる現代において、スキルさえあれば子供でも、グローバルに普及するプロダクトやサービスを提供できる世界が整いつつある。一方、教育現場におけるプログラミング教育はまだ始まったばかりで、その入口にすら立てない子供たちがほとんどだという。

そこで同社は、セットアップ不要・シンプル・安価をコンセプトとしたプログラミング学習用ツールとして「IchigoJam」を開発。NXP Semiconductorsのマイコン「LPC1114FN28」用のOS、IchigoJam BASICとIchigoJamの回路図を一般利用者には無償で提供、また、プログラミング教材として幅広く第三者へ販売、提供するためのライセンス販売をスタートした。

IchigoJamは小さなメモリ(4KB)でも動作するIchigoJam BASICをOSとして搭載したプログラミング入門用ワンボードマイコン。ビデオケーブルでテレビと接続、PS/2キーボードを差し込み、microUSBを電源としてつなぐだけで、プログラミングの学習を始めることが可能だ。

参考価格は1500円(税込)で、IchigoJamを営利目的で利用する際には1販売数につき150円(税別)が必要となるという。

「IchigoJam」製品イメージ



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事