NVIDIA、ワークステーション向けGPUの新フラグシップモデル"Quadro M6000"

 

米NVIDIAは19日(現地時間)、ワークステーション向けの新GPU「NVIDIA Quadro M6000」を発表した。日本国内では2015年4月上旬よりシステムインテグレータやカードベンダから発売を予定し、価格はオープン。

NVIDIA Quadro M6000

Maxwellアーキテクチャをベースとした最上位GPU。従来モデル「NVIDIA Quadro K6000」の後継製品となる。CUDAコア数はGeForce GTX TITAN Xと同様の3,072基を搭載。メモリは384bit接続のGDDR5 12GBを備える。また、RGB各色10bit(合計30bit)のカラー出力に対応する。

主な仕様は、CUDAコア数が3,072基、メモリが12GB GDDR5、メモリインタフェースが384bit、メモリのバンド幅は317GB/s、TDPは250Wで補助電源は8ピン×1、ディスプレイ出力はDVI-I、Displayport×4。DisplayPortはバージョン1.2をサポートし、4枚までのマルチディスプレイが利用できるほか、60Hzでの4K出力に対応する。

ロープロファイル対応のQuadro K1200も合わせて発表

NVIDIA Quadro K1200

また、NVIDIAはロープロファイルに対応した「NVIDIA Quadro K1200」も合わせて発表した。主な仕様は、CUDAコア数が512基、メモリが4GB GDDR5、メモリインタフェースが128bit、メモリのバンド幅は88GB/s、TDPは46Wで補助電源は不要、ディスプレイ出力はDisplayport×4。

「NVIDIA Quadro M6000」「NVIDIA Quadro K1200」と既存モデルとの比較は以下の通り。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

「秋は抜け毛がひどい」は真実! 抜ける原因や期間、本数を医師が解説
[10:45 9/27] ヘルスケア
資生堂、学習型レコメンデーションエンジン搭載のヘアスタイルBotサービス
[10:44 9/27] 企業IT
トーストの次はコーヒー! - バルミューダ、最高の注ぎ心地を追求した電気ケトル「BALMUDA The Pot」を投入
[10:41 9/27] スマホとデジタル家電
日本一人口の少ない村は東京にある! "青ヶ島フェア"で希少なご当地グルメを
[10:30 9/27] 趣味
Microsoft、Adobe Systemsとクラウド分野での協業を発表
[10:29 9/27] 企業IT