任天堂がスマホ進出、DeNAとアプリ開発に着手 - マリオがアプリで登場か

 

任天堂は17日、ディー・エヌ・エーと資本業務提携を行い、スマートデバイス向けのゲームアプリの共同開発・運営、会員制サービスの共同開発を進めると発表した。両社はスマートフォン、タブレットなどに対応した基幹システムを構築し、それを用いた会員制サービスを今秋をメドに提供する。

今回の資本・業務提携で、両社は任天堂の知的財産を活用したスマートデバイス向けのゲームアプリをデバイスのプレイスタイルに適した形で新規に開発・運営する。任天堂は「マリオ」を代表する多数のキャラクターを創出し、これまでに培ってきたブランドを、DeNAはモバイルゲームをはじめとしたインターネットサービスのノウハウを活かす考え。

資本提携の合意内容は、DeNAが保有する自己株式15,081,000株(発行済株式数の10.00%、総額約220億円)を第三者割当により、任天堂に割り当て、任天堂がDeNAの株式を取得する。同時に任天堂が保有する自己株式1,759,400株(発行済株式数の1.24%、総額約220億円)を第三者割当によりDeNAに割当て、DeNAが任天堂の株式を取得する。

人気記事

一覧

新着記事

精神障害の労災請求が過去最多に
[14:50 6/27] マネー
5月のPC国内出荷台数は43万台、出荷金額は392億円
[14:48 6/27] パソコン
中山優馬、観客大学生の交際率低さに驚き!? 「世知がらい」
[14:02 6/27] エンタメ
キスマイ藤ヶ谷「このカップルはいい」“キス写真デート”を自撮り
[14:00 6/27] エンタメ
【レビュー】松屋「トマトカレー」がなぜか"カップ麺"に! 残り汁はリゾットにアレンジも
[13:40 6/27] 趣味