任天堂がスマホ進出、DeNAとアプリ開発に着手 - マリオがアプリで登場か

 

任天堂は17日、ディー・エヌ・エーと資本業務提携を行い、スマートデバイス向けのゲームアプリの共同開発・運営、会員制サービスの共同開発を進めると発表した。両社はスマートフォン、タブレットなどに対応した基幹システムを構築し、それを用いた会員制サービスを今秋をメドに提供する。

今回の資本・業務提携で、両社は任天堂の知的財産を活用したスマートデバイス向けのゲームアプリをデバイスのプレイスタイルに適した形で新規に開発・運営する。任天堂は「マリオ」を代表する多数のキャラクターを創出し、これまでに培ってきたブランドを、DeNAはモバイルゲームをはじめとしたインターネットサービスのノウハウを活かす考え。

資本提携の合意内容は、DeNAが保有する自己株式15,081,000株(発行済株式数の10.00%、総額約220億円)を第三者割当により、任天堂に割り当て、任天堂がDeNAの株式を取得する。同時に任天堂が保有する自己株式1,759,400株(発行済株式数の1.24%、総額約220億円)を第三者割当によりDeNAに割当て、DeNAが任天堂の株式を取得する。

人気記事

一覧

新着記事

[ハドソン川の奇跡]トム・ハンクス&アーロン・エッカートに聞く「みんなで力を合わせれば…」
[19:23 9/25] エンタメ
[アニメ1週間]「君の名は。」が興収100億円突破 水樹奈々が初の甲子園ライブ
[19:00 9/25] ホビー
Photokina 2016、タムロンブースで望遠ズーム新作「SP 150-600mm」を構える
[18:36 9/25] スマホとデジタル家電
ミュージカル「忍たま乱太郎」第8弾は5年生が主役!兵庫水軍と初忍務
[18:30 9/25] ホビー
[今週の新刊]10月アニメスタートの「3月のライオン」が登場 「狼と香辛料」「マイぼーる!」も
[18:30 9/25] ホビー