スライムではありません、そっくりだけどダンゴウオという魚です

茨城県のアクアワールドでは、昨年春にダンゴウオの赤ちゃんが誕生した。現在、成魚と同じくらいの大きさまで成長したという。

大きく成長したダンゴウオ

ダンゴウオは、誕生したばかりの体長は約2mmだが、現在は約1cm~2cmまで成長した。体の色はほとんどが緑色だが、中には鮮やかな赤色の個体もいるという。

ダンゴウオも「あくび」をする?

紅一点も

大きくなったダンゴウオは、口を大きく開けているものもいれば、影からぼーっとこちらを見つめているものもいたりと様々。すでに、卵でお腹が膨らんでいるメスも見られるという。

同館は「いよいよ今年も繁殖のシーズンがやってきたようです。また今年も、赤ちゃんダンゴウオに会えるのを楽しみに、そっと見守りたいと思います」とコメントしている。

お腹の吸盤でぴたっとくっつく姿もかわいい

関連キーワード

人気記事

一覧

2017年8月17日の運勢

イチオシ記事

新着記事