Pivotal、オープンソースによるビッグデータ製品スイートを提供

 

Pivotalジャパンは3月12日、同社のビッグデータ・ソリューションである「Pivotal Big Data Suite」の最新版を発表した。サブスクリプション形式で提供し、価格は個別見積。

「Pivotal Big Data Suite」は、次世代ビッグデータソリューションで、コアコンポーネントのオープンソース化を実現した製品。

新バージョンでは、分析MPP(大規模並列処理)データ・ウェアハウスの「Pivotal Greenplum Database」、エンタープライズSQL on Hadoop分析エンジンである「Pivotal HAWQ」、NoSQLインメモリ・データベースの「Pivotal GemFire」など、Pivotal Big Data Suiteのコアコンポーネントを、同社としては初めてオープンソースで提供する。

併せて、クラウド・テクノロジーにより柔軟な展開が可能なオープンソース・ソフトウェアをベースとするアジャイル・データソリューションも提供する。

新たに、パブリック・クラウドやプライベート・クラウド、ハイブリッド・クラウドをサポートする。

また、新バージョンで実装した「Pivotal Cloud Foundry Operations Manager」は、「Pivotal Cloud Foundry」アプリケーションにPivotal Big Data Suiteの機能をサービスとして提供する。

同社は併せて、エンタープライズ市場におけるスケーラブルな最新のデータアーキテクチャの普及を促進する業界団体とするOpen Data Platform(ODP)への参加を表明するとともに、エンタープライズ市場におけるApache Hadoop導入の簡素化を目指して米Hortonworksとの協業を発表した。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ジェニファー・ローレンス、2年連続世界で最も稼いだ女優に
[13:21 8/25] エンタメ
今年で25周年! マクドナルドの月見バーガーに「満月チーズ月見」が登場
[13:20 8/25] 趣味
ホンダ新型「NSX」申込み受付開始 - 26年ぶりフルモデルチェンジ、2月発売
[13:08 8/25] ホビー
キヤノン「EOS 5D Mark IV」、センサーもエンジンもAFも全刷新
[13:02 8/25] スマホとデジタル家電
キヤノン、24-105mm・F4通しのLレンズを11年ぶりにリニューアル
[13:02 8/25] スマホとデジタル家電