カマンベールチーズにアルツハイマー病を予防する効果 - 東大などが発表

 

東京大学(東大)、キリン、小岩井乳業は3月12日、カマンベールチーズの摂取にアルツハイマー病の予防効果があることを確認し、その有効成分を同定したと発表した。

同成果はキリンR&D本部基盤技術研究所、小岩井乳業、東大大学院農学生命科学研究科の中山裕之 教授らの研究グループによるもので、米科学誌「PLOS ONE」に掲載された。

これまでの研究で、チーズなどの発酵乳製品を摂取することで老後の認知機能低下が予防されることは知られていたが、それがどのような成分とメカニズムによるものかはわかっていなかった。

同研究グループが今回、市販のカマンベールチーズの摂取によるアルツハイマー病への作用を検証した結果、アルツハイマー病モデルマウスにカマンベールチーズから調製した餌を摂取させると、アルツハイマー病の原因となる脳内物質であるアミロイドβの脳内沈着が減少し、脳内の炎症が緩和されることがわかった。

さらに、オレイン酸アミドとデヒドロエルゴステロールとう物質が、脳内で異物の排除を担うミクログリアという細胞のアミロイドβを除去する機能と抗炎症活性を促進していることを特定した。これらの物質は乳の微生物による発酵過程で生成されたと考えられている。

発酵乳製品を摂取させたマウスでは脳内老廃物(アミロイドβ)が減少した

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『ゼーガペインADP』、10/15上映! 入場者特典&初日舞台挨拶情報を公開
[19:10 9/29] ホビー
小麦・卵・ナッツ類不使用! 「尾西のライスクッキーいちご味」発売
[19:03 9/29] ヘルスケア
ZOTAC、水冷システム対応のGeForce GTX 1080搭載カード - 税別約11万円前後
[19:01 9/29] パソコン
長谷川豊、テレビ大阪の報道番組降板に - ブログで「不適切な発信」
[18:51 9/29] エンタメ
南キャン山里、日本の技術に感動「"魔法"や"奇跡"が作れる」
[18:44 9/29] エンタメ