主婦が考える家事の対価は、月給16万円、日給6,200円

 

凸版印刷が運営する電子チラシポータルサイト「Shufoo!(シュフー)」はこのほど、全国の20歳~59歳の既婚女性416名を対象に実施した「家事に関するアンケート」の結果を発表した。調査期間は2月17日~18日。

夫にやってほしい家事は「特になし」!?

「あなたが好きな家事をすべてお答えください」

調査ではまず、「好きな家事」について尋ねたところ、「日々の買い物(45.2%)」や「洗濯(43.5%)」、「料理(39.9%)」と回答した人が多く、反対に少なかったのは、「ゴミ出し(10.8%)」や「風呂掃除(11.5%)」、「トイレ掃除(14.2%)」だった。

「夫が担当している家事」

「夫にやってほしい家事」

続いて、「夫が担当している家事」を教えてもらったところ、「ゴミ出し(41.6%)」が最も多く、次いで「特になし(37.7%)」、「風呂掃除(22.6%)」と続いた。また、「夫にやってほしい家事」についても尋ねたところ、「ゴミ出し(25.7%)」や「風呂掃除(18.3%)」を抑えて、「特になし(36.1%)」がトップに。妻が好きではないという家事を夫が担当することが多く、また、夫にやってほしい家事は「特にない」という驚愕の結果となった。

主婦5割が、家事は週休0~1日でOK!

「あなたは一週間に何日家事を休みたいですか」

次に、「あなたは一週間に何日家事を休みたいですか?」と質問したところ、最も回答が多かったのは「1日(38.7%)」で、次に「2日(35.6%)」、3番目に「休みは必要ない(12.0%)」となった。およそ2人に1人が「週0~1日」と考えており、日本の主婦が働き者であることが浮き彫りとなった。

家事の月給16万円、日給6,200円!

「あなたが普段行っている家事の対価を給料に換算すると、いくらが妥当だと思いますか。月給を金額でお答えください。」

次に、「普段行っている家事の対価を月給に換算した時、夫より高い月給をもらってもよいか?」と質問した結果、主婦の3人に1人以上が「夫と同等以上の給料をもらっても良い」と考えていることが判明。具体的にいくらぐらいが妥当だと思うか尋ねたところ、「10万円~15万円(22.1%)」や「15万円~20万円(22.6%)」と回答した人が多かった。その結果、主婦が考える家事の対価は、月給平均16万円、日給平均6,200円であることが明らかとなった。(凸版印刷株式会社『Shufuu!』調べ)

人気記事

一覧

2016年7月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事

KickassTorrents、別ドメインで復活か - 続く追跡劇
[15:18 7/25] 企業IT
2015年の国内VM/クラウドシステムソフトウェア市場は初の1桁成長
[15:12 7/25] 企業IT
マウス、クリエイター向けPC「DAIV」を撮影機材の老舗店「銀一」で販売
[15:12 7/25] パソコン
柏木由紀、初主演舞台は「"AKB48の柏木由紀"を捨てたつもりで!」と気合
[15:00 7/25] エンタメ
Linuxカーネル4.7登場
[14:30 7/25] 企業IT