ふわふわのゴマフアザラシの赤ちゃん誕生!

グランビスタ ホテル&リゾートの基幹施設である鴨川シーワールドはこのほど、2月24日に誕生したゴマフアザラシの赤ちゃんの展示をロッキーワールドにて開始した。

ゴマフアザラシの赤ちゃんの公開を開始

ふわふわのゴマフアザラシの赤ちゃんを公開開始

ゴマフアザラシのメスの赤ちゃんは2月24日11時34分、ロッキーワールド「アシカ・アザラシの海」で、誕生が確認された。

「モネ」から母乳を採取し、その母乳を赤ちゃんに授乳する

ところが母親の「モネ」は出産後赤ちゃんのもとを離れてプール内を泳ぎ始め、赤ちゃんのもとに戻る様子が見られなかったため、親子2頭を別室に移し係員が経過を観察してきた。その後も授乳をする様子は見られず、赤ちゃんの命を守るため人工哺育で育てることになったという。

訓練により「モネ」から母乳を採取し、その母乳を主体にして赤ちゃんを育て、赤ちゃんは誕生時の体長72.0cm・体重7.8kgから体長78.0cm・体重10.8kg(3月10日現在)にまで成長、純白の新生児毛におおわれた愛らしい姿を見せている。

今後しばらくの間はロッキーワールド地階で赤ちゃんの様子を観覧でき、時間帯よっては、親代わりの飼育員が赤ちゃんに哺乳ビンでミルクを与えている様子も、ガラス越しに見ることが可能となる。

同施設では、ゴマフアザラシの誕生は昨年に続き2年連続となった。ゴマフアザラシの新生児毛は1カ月ほどで抜け落ちて親と同じ模様となるため、今の期間だけの、真っ白でふわふわした毛でおおわれた赤ちゃんの愛らしい姿を見られる機会となる。

同園の所在地は、千葉県鴨川市東町1464-18。

人気記事

一覧

2017年6月26日の運勢

イチオシ記事

新着記事