Microsoft「Office 2016 Mac」プレビュー版公開、最終版リリースは今夏

米Microsoftは3月5日(現地時間)、Mac用のOffice 2016のプレビュー版「Office 2016 Mac Preview」を公開した。動作環境はOS X Yosemite。日本語を含む16言語をサポートする。

プレビュー版は、Office for Mac Previewのページからダウンロード入手できる。Microsoftは今後プレビュー版のアップデートを定期的に提供する予定で、アップデートのリリースは自動アップデートツールを通じて通知する。プレビュー版を使用できるのは各ビルドのリリースから約60日、アップデートし続ければ継続的に使用できる。最後のプレビュービルドの使用可能期間は製品版の発売から約1カ月。Kirk Koenigsbauer氏(Office 365クライアントアプリ&サービス担当コーポレートバイスプレジデント)によると、順調に進めば最終版は今年夏にリリースされる。なお、Office for Macユーザーは「Office for Mac 2011」と共にOffice 2016 Mac Previewを使用することが可能だ。

Office 2016 for Macは、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookなどのアプリケーションで構成される。クラウドと連携するように設計されており、OneDrive、OneDrive for Business、SharePointと共に利用できる。Microsoftは、Windows 10用のOfficeアプリやAndroidタブレット用Officeを含む全てのOfficeで共通の利用体験が実現するようにOffice 2016を設計している。自然と必要な機能にアクセスできる新デザインのリボン、キーボードショートカットも共通で、Officeユーザーなら迷わずにOffice 2016 for Macも使用できる。その上で、Retinaディスプレイのサポート、フルスクリーン対応、スクロールバウンスなどMacに最適化した機能を備える。

「Word」は新しいデザインタブを備え、オブジェクトフォーマットのタスクペインによって写真やシェイプ、効果を扱いやすくなった。「Excel」はユーザーインターフェイスが刷新され、Windows版のExcel 2013の数多くの機能が取り入れられている。「PowerPoint」はスライドトランジションが新しくなり、アニメーションのタスクペインが改善している。「Outlook」はオンラインアーカイブのサポート、カテゴリーリストの同期、天気カレンダー、Apps for Officeといった新機能を備える。

「Word」のナビゲーションペイン

「Excel」のフォーミュラビルダー

「PowerPoint」のプレゼンター表示

人気記事

一覧

新着記事