倉田てつをカムバック!6年ぶりの仮面ライダーBLACK変身に「熱く血がたぎる!」

 

南光太郎/仮面ライダーBLACK/RX役の倉田てつを

3月21日に公開される特撮映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』の完成披露試写会が2日、東京・新宿のバルト9にて行われ、南光太郎/仮面ライダーBLACK/RXを演じる俳優の倉田てつをが登場した。

南光太郎を演じた倉田は、現在までの「仮面ライダー」の歴史の中で、唯一TVシリーズ2作連続主演を飾った俳優。自身も仮面ライダー愛に満ち溢れていることから所謂"昭和ライダー"の中でも屈指人気を誇り、近年では、2009年のTVシリーズ『仮面ライダーディケイド』、同年の映画『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』にも出演している。6年ぶりの登場となる本作では、予告編の時点で南光太郎/仮面ライダーBLACKの登場は大きな話題をもって迎えられた。

自身が歌う『仮面ライダーBLACK』のオープニングテーマ「仮面ライダーBLACK」が鳴り響く中で登場した倉田は、「『仮面ライダーディケイド』で"ダブル変身"をしてから6年……『倉田てつをが南光太郎をやれば日本の特撮ファンは元気になる!』というオファーを受け、帰ってきました!」と大歓声が巻き起こる中、全ライダーファンにカムバックを宣言。そして「企画の段階から僕らしい台詞と、柴崎監督に熱く演出していただきましたので、仮面ライダーとは何たるかをこの映画で伝えることができると思います」と作品にかける想いを伝えた。

劇中で南光太郎と共闘した仮面ライダードライブ/泊進之介役の竹内涼真にとって『仮面ライダーBLACK』は、まだ生まれる前の作品。竹内の父は倉田の大ファンということもあり、倉田との共演を「ああ……これが仮面ライダーだという感じで、自分のライダーはまだまだ薄いなっていう……」と恐縮するも、倉田は「そんなことないよ、今はドライブの時代だ!」と先輩らしくフォロー。竹内は「ビデオで見ていたので共演は本当にうれしかった。台詞のひとつひとつが重く、気持ちが高ぶる瞬間がありました。仮面ライダーとして成長できるようにがんばらなければ、という気持ちが生まれました」と大きな刺激を受けたようだった。

6年ぶりとなった仮面ライダーBLACKへの変身について倉田は「恥ずかしかったです……いや冗談です(笑)」と茶目っ気たっぷりに語りながらも、「この変身はいつやっても熱く血がたぎるというか、昭和ライダーとしてBLACK、RXと2つのライダーが僕の中にあり、素晴らしいものを見せられたと思います」と述懐。また、仮面ライダー3号/黒井響一郎役の及川光博と絡みが少なかったことを惜しみつつも、「今のライダーはすごくスピーディで、CGもあって、すごくかっこいい。本当によい作品に仕上がっていると思います。これからも仮面ライダーをよろしく! ありがとう!」と締めくくった。

映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』は、3月21日全国公開。

2015「スーパーヒーロー大戦 GP」製作委員会
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 AG・東映ビデオ・東映

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「秋は抜け毛がひどい」は真実! 抜ける原因や期間、本数を医師が解説
[10:45 9/27] ヘルスケア
資生堂、学習型レコメンデーションエンジン搭載のヘアスタイルBotサービス
[10:44 9/27] 企業IT
トーストの次はコーヒー! - バルミューダ、最高の注ぎ心地を追求した電気ケトル「BALMUDA The Pot」を投入
[10:41 9/27] スマホとデジタル家電
日本一人口の少ない村は東京にある! "青ヶ島フェア"で希少なご当地グルメを
[10:30 9/27] 趣味
Microsoft、Adobe Systemsとクラウド分野での協業を発表
[10:29 9/27] 企業IT

本音ランキング