NTT、スマホカメラのカメラで商品情報や道案内が可能な高精度技術を開発

 

日本電信電話(NTT)は16日、3次元物体をどこから撮影しても、高精度に立物体を認識・検索し、関連情報を提示する「アングルフリー物体検索技術」を開発したと発表した。スマートフォンやウェアラブルカメラを通じて、建物・史跡や店舗、商品などを高精度に認識し、観光コンテンツや店舗・商品情報の提示等の活用を目指す。

同技術により、スマートフォンのカメラをかざすことで、3次元物体から関連情報を得られる。かざす角度は自由でどの方向から撮影しても、高精度に認識するのが今回の技術の特徴となる。

「アングルフリー物体検索技術」の想定用途

同技術の利用シーンは、多数想定されている。会場案内やルート案内、観光案内のほか、気になった商品にカメラをかざすことで口コミ情報や在庫等の閲覧が可能だと言う。また、博物館等の作品解説、機器操作で困ったときにカメラを向けると説明書が見える電子マニュアルの表示なども想定している。

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事

「Windows 10 Anniversary Update」は8月2日リリース - Microsoftが発表
[02:46 6/30] パソコン
[冬目景]月刊マンガ誌「バーズ」で新連載へ
[00:00 6/30] ホビー
JR東日本、仙石東北ライン上り始発・下り最終が女川駅へ - 8/6直通運転開始
[23:45 6/29] ホビー
「ガンダム名鑑ガム」に第2弾登場、マンダラガンダムの3形態も再現
[23:35 6/29] ホビー
[夏のドラマ見どころ]男の生き様 山田孝之、2年ぶりウシジマ 三上博史は初深夜 フジ日9は中島裕翔
[22:56 6/29] エンタメ