大林組、技術研究所でスマートエネルギーシステムの運用を開始

 

大林組は2月16日、東京都綾瀬市の技術研究所においてスマートエネルギーシステムを完成させたと発表した。

同システムでは820kWの太陽光発電システムに加え、これを安定かつ有効に活用するために出力500kW、容量3000kWhの大型蓄電池と、450kWのマイクロコンバインド発電システムを導入。これにより商用電力のピークを3割以上低減し、電力負荷の平準化やエネルギーコスト削減を目指す。

発電・蓄電・節電をコントロールするEMS(エネルギーマネジメントシステム)は、気象状況や機械の稼働状況、過去の運用実績などのデータを解析することで電力需給を予測するとともに、太陽光発電量の予測機能を有する。また、在勤者から建物の使用予定をリアルタイムで収集し、予測の基礎データに反映するほか、電力の逼迫時には在勤者に向けてメールを発信し使用量の低減を図る行動を促す。

同社は、スマートエネルギーシステムの運用を通じてノウハウをパッケージ化し、計画から運用・管理に至るまでのサービスを提供することで、顧客のエネルギーコストの削減と省CO2の実現、さらには持続可能な社会の実現に貢献していくとしている。

スマートエネルギーシステムの概要



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『THE FLASH/フラッシュ』強敵ゴリラ「グロッド」、フィギュアで登場
[20:30 9/28] ホビー
『まどマギ』一番くじに、ティーパーティーで魔法少女たちの部屋着姿が
[20:00 9/28] ホビー
作曲家・菅野祐悟に聞く『亜人』音楽の作り方 - 痛みや恐怖感を表現するためにドリルや包丁でギターを弾きました
[20:00 9/28] ホビー
あれは危険すぎる…『ガンダムZZ』30周年を記念しRAHDXハマーン様が限定復刻
[19:58 9/28] ホビー
PASMOのロボット、知名度の低さを嘆く - 自ら街角で名刺を配る営業活動開始
[19:57 9/28] ホビー