亀梨和也、引退を考えた過去告白 - ジャニー氏の説得に「存在意義感じた」

  [2015/02/13]

KAT-TUNの亀梨和也が、13日に放送されたテレビ朝日系トーク番組『徹子の部屋』(平日12:00~12:30)に出演し、過去に引退を考えていたことを告白した。

司会の黒柳徹子から「ジャニーさんに辞めるって言ったことがあるんでしょ?」と聞かれ、「あります」と認めた亀梨。所属事務所のジャニー喜多川社長から「何考えてんの。YOUはこの世界でやっていくんだよ」と説得され、思いとどまったという。

亀梨は「すごいありがたい言葉をいただきました」と感謝。「ちょうど高校受験の時と重なっていて、いろいろ考えることがあったので、受験を機に普通の大学生になろうかなと」と当時の心境を明かし、「ですけど、ジャニーさんが時間を割いてくれていろいろ話して。やっていこうというふうに思いました」と決断に至る経緯を説明した。

黒柳が「あなたを認めてくれてるってことなのね」とジャニー氏の思いを察すると、亀梨はうなずきながら「自分の存在意義をすごく感じました」と感慨深げ。恩師を思い浮かべながら、「覚悟が決まりました」と晴れやかな笑顔を見せていた。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

離職者が感じた「働きづらい上司」の特徴ランキング、1位は?
[12:37 6/1] マネー
ソフトバンク、アリババ株式を一部売却 - アリババ株79億米ドルを資金化
[12:34 6/1] 企業IT
高島彩、第2子次女出産! ゆず北川悠仁「二児の親父、頑張ります!!」
[12:26 6/1] エンタメ
【レビュー】COMPUTEX TAIPEI 2016 - AMDが199ドルの"Polaris"ベースGPU「Radeon RX480」を電撃発表
[12:21 6/1] パソコン
バンダイ「LINE」公式アカウントが6/7オープン、たまごっちスタンプを配布
[12:12 6/1] ホビー

本音ランキング