狭山事件の冤罪を訴え続ける石川一雄さん、映画賞受賞で「まさか」と感激

  [2015/02/11]

ドキュメンタリー映画『SAYAMA みえない手錠をはずすまで』が第69回毎日映画コンクールでドキュメンタリー映画賞を受賞したことを受け、同作に出演した石川一雄さん(76)が10日、神奈川・ミューザ川崎シンフォニーホールで行われたオープニングセレモニーに出席した。

第69回毎日映画コンクールのオープニングセレモニーに出席した石川一雄さん

1963年5月1日に埼玉県狭山市で女子高生が殺害された「狭山事件」で無期懲役とされて服役し、仮釈放後も冤罪を訴え続けている石川一雄さん。同作はその石川さんと妻・早智子さんの「泣き笑い怒り、日々を凛として生き抜く」夫婦の姿を3年にわたって密着したドキュメンタリー作品となっている。

観客の拍手を浴びながら早智子さんと共にグリーンカーペットに立った石川さんは「まさか、こういう賞をいただけるとは思いもしませんでした」と受賞に驚き、「これからやがて無罪になると思いますが、この賞を励みに生涯を生きていこうと思います」と喜びを伝えた。

表彰式では、金聖雄監督が制作スタッフを代表してトロフィーを受け取った。金監督は、石川さんと会うまで「殺人犯と呼ばれている人はどんな人だろう」「きっと暗くて怖くて不幸の塊のようなそんな人なんじゃないか」と不安を抱いていたが、夫婦そろって対面した時に「現実を真正面から受けとめて凛と生きるその姿」を目の当たりにし「とても心を揺さぶられました」。事件の真相を解明する映画ではなく「2人のラブストーリーとして描こう」と決心したのは、その時だったという。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[内田理央]「MORE」連動の水着写真集 逢沢りなと2ショットも
[00:00 6/26] エンタメ
『ニンジャスレイヤー』、コンピアルバム「伐」発売記念でニコ生一挙放送
[00:00 6/26] ホビー
AKB総監督・横山由依の苦悩の3カ月に密着「海外に逃亡したいと思ったことも」
[23:00 6/25] エンタメ
Iカップ青山ひかる、初のパンスト姿は「すごくソソられます」と自画自賛
[23:00 6/25] エンタメ
Fカップ永井里菜、加山雄三に胸キュン「ぽっちゃりとしたおじさまが好き」
[23:00 6/25] エンタメ

本音ランキング