最後のWindows RTデバイスが製造終了 - 2年3カ月の歴史に終止符

 

米Microsoftは、「Windows RT」の名称でデビューしたARMプロセッサ搭載デバイス向けWindowsの事実上の終了宣言を行ったようだ。同OSを搭載したデバイスについて、すでにWindows 10の提供が行われないことが伝えられているがSurface 2の製造終了に続き、現在提供が行われている最後のWindows RTデバイスである「Nokia Lumia 2520」の製造終了宣言がついに出され、デビューから2年3カ月ほどが経過したWindows RTについに終止符が打たれることとなった。

組み込み向けの世界では「Windows Embedded」の名称でARM版OSを提供しているMicrosoftだが、Windows RTは同社のメインストリームであるコンシューマ/エンタープライズ向けの世界にARMプラットフォームに対応したWindowsを出し、タブレットの世界で存在感を高めていたAppleのiPadや、GoogleのAndroid OSを搭載した製品群への対抗を目指したものだといわれている。そしてMicrosoftが同社としては初となるWindowsタブレットの「Surface RT (後にSurfaceに改名)」は、このWindows RTを搭載した初のデバイスでもあり、Windows 8の発売と同時に大々的にデビューした。

2012年10月25日深夜に米ニューヨークのタイムズスクエアをジャックして開催されたWindows 8の発売イベント。これは初代「Surface RT」のデビュー記念イベントでもある

10月25日昼にニューヨークで開催された記者向け説明会で公開されたSurface RT

ただ、当初展開されたのが米国のみであり、Windows RTのコンセプトそのものが多くのユーザーに受け入れられなかったこともあり、同社は過剰在庫を抱えることとなった。Surface RTは商業的には失敗とみられており、後にSurface 2をリリースするものの、ローンチパートナーとしてWindows RTタブレットをリリースしたメーカー各社はすでに既存機種の製造や新規開発をストップしており、サードパーティ製品としては後にMicrosoftに買収されたNokiaの「Lumia 2520」が唯一のデバイスとなっていた。

2013年11月にリリースされたNokiaの「Lumia 2520」。事実上、これが最後のWindows RTタブレットとなった

Microsoftは1月21日に開催したプレスイベントで、今後のWindows RTに関して特に言及しておらず、その動向に注目が集まっていた。同日に発表され、Windows RTの性格を事実上引き継ぐことになる「Windows 10 for phones and tablets」は「8インチ未満のディスプレイサイズ」を対象に提供が行われると説明されており、ディスプレイサイズが10インチクラス以上しか存在しないWindows RTデバイスは対象外であり、こうした事実もWindows RTの命脈がすでに絶たれていることの証左となっていた。結果として、冒頭で紹介したWindows RTのアップデート終了宣言と、最後のWindows RTデバイス2機種の製造終了を受け、Windows RTは完全に終了宣言を出されたと考えていいだろう。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ネットバンキングを利用している理由1位は?
[13:05 7/29] マネー
2016年上半期書籍売上・出版社ランキング、1位は?
[13:03 7/29] マネー
MRJの7月進捗--最大20で基本合意、50回以上の飛行試験で3・4号機は今夏空へ
[13:02 7/29] 趣味
被買収企業の正社員42%が転職を検討 - 何が不安?
[13:01 7/29] キャリア
【特別企画】海外志向や起業意欲の強い方必見!上場企業の役員クラスとの人脈作りができてグローバルに活躍できる企業があるらしい……
[13:00 7/29] キャリア