「OS X Yosemite 10.10.2」公開、Time MachineがiCloud Driveに対応

Yoichi Yamashita  [2015/01/28]

米Appleは1月27日 (現地時間)、「OS X Yosemite 10.10.2」アップデートの提供を開始した。OS X YosemiteユーザーはMac App Storeからアップデートできる。

新機能は1つ。バックアップツール「Time Machine」がオンラインストレージ「iCloud Drive」に対応する。Time Machineに入って、FinderでiCloud Drive内のフォルダやファイルをブラウズできるようになった。

OS X Yosemite 10.10.2は、安定性、互換性、セキュリティの改善を主な目的としたアップデートになっており、以下のような問題を解決する。

  • Wi-Fi接続が解除される問題
  • Webページの読み込みが遅くなる問題
  • 「メール」の環境設定でリモートコンテンツの読み込みを無効にしてもSpotlightで読み込まれてしまう問題
  • 入力プログラムの言語が突然切り替わる問題

またアップデートによって、Bluetoothヘッドフォンを使用している際のオーディオとビデオの同期、VoiceOverの読み上げ性能が向上する。

OS X Yosemite 10.10.2アップデートとは別に「Remote Dektopクライアント」アップデートも27日に配布開始になった。v3.8.2では、信頼性、操作性、互換性が改善する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[内田理央]「MORE」連動の水着写真集 逢沢りなと2ショットも
[00:00 6/26] エンタメ
『ニンジャスレイヤー』、コンピアルバム「伐」発売記念でニコ生一挙放送
[00:00 6/26] ホビー
AKB総監督・横山由依の苦悩の3カ月に密着「海外に逃亡したいと思ったことも」
[23:00 6/25] エンタメ
Iカップ青山ひかる、初のパンスト姿は「すごくソソられます」と自画自賛
[23:00 6/25] エンタメ
Fカップ永井里菜、加山雄三に胸キュン「ぽっちゃりとしたおじさまが好き」
[23:00 6/25] エンタメ