「OS X Yosemite 10.10.2」公開、Time MachineがiCloud Driveに対応

 

米Appleは1月27日 (現地時間)、「OS X Yosemite 10.10.2」アップデートの提供を開始した。OS X YosemiteユーザーはMac App Storeからアップデートできる。

新機能は1つ。バックアップツール「Time Machine」がオンラインストレージ「iCloud Drive」に対応する。Time Machineに入って、FinderでiCloud Drive内のフォルダやファイルをブラウズできるようになった。

OS X Yosemite 10.10.2は、安定性、互換性、セキュリティの改善を主な目的としたアップデートになっており、以下のような問題を解決する。

  • Wi-Fi接続が解除される問題
  • Webページの読み込みが遅くなる問題
  • 「メール」の環境設定でリモートコンテンツの読み込みを無効にしてもSpotlightで読み込まれてしまう問題
  • 入力プログラムの言語が突然切り替わる問題

またアップデートによって、Bluetoothヘッドフォンを使用している際のオーディオとビデオの同期、VoiceOverの読み上げ性能が向上する。

OS X Yosemite 10.10.2アップデートとは別に「Remote Dektopクライアント」アップデートも27日に配布開始になった。v3.8.2では、信頼性、操作性、互換性が改善する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ネットバンキングを利用している理由1位は?
[13:05 7/29] マネー
2016年上半期書籍売上・出版社ランキング、1位は?
[13:03 7/29] マネー
MRJの7月進捗--最大20で基本合意、50回以上の飛行試験で3・4号機は今夏空へ
[13:02 7/29] 趣味
被買収企業の正社員42%が転職を検討 - 何が不安?
[13:01 7/29] キャリア
【特別企画】海外志向や起業意欲の強い方必見!上場企業の役員クラスとの人脈作りができてグローバルに活躍できる企業があるらしい……
[13:00 7/29] キャリア