「2015年版カレー番付」発表 - 首都圏1,000店舗以上から、専門家が厳選

 

「カレー専門店番付表 2015年首都圏版」(一部)

カレー総合研究所が運営するカレー大學はこのほど、同校の部活「カレー番付策定部」が制作した「カレー専門店番付2015年首都圏版」を発表した。

「カレー大學」は、カレーの基本知識全般を習得した「カレー伝道師」を育成するための学校(※)。

今回発表したカレー専門店番付は、カレー大學卒業生が首都圏のカレー専門店1,000点以上を4カ月にわたり徹底調査し、厳選した店を番付したもの。あまたあるカレー店の中から指標を提示することで、カレーの食べ歩きの促進や食べ歩きを通じ、カレー文化の啓発・普及を図ることを目的に実施した。

調査は2014年9月~12月の期間実施し、メディア露出度、売上利益および経営安定、専門家の評価、サイトによる口コミ、カレー業界貢献を基準に番付を決定した。番付は、インドカレー系の「東」と、欧風カレーや日本進化型カレー系の「西」とで分類し、横綱を筆頭に相撲形式でランク付けしている。

東部門では、トップとなる横綱に「デリー」が選ばれ、「想いの木」(張出横綱)、「ナイルレストラン」「シターラ」「トマト」(各大関)が続いた。西部門では、「帝国ホテル(パークサイドダイナー)」が横綱となり、「アルペンジロー」が張出横綱、「共栄堂」「ボンディ」「マジックスパイス」が大関となった。

そのほか、新人賞として「やるき」、話題賞には「カレーは飲み物」「横須賀護衛艦カレー」、殊勲賞には「レストラン中台」が選ばれた。

※同大學は「カレーの文化発展」を目的として展開する市民大學で、学校教育法上の「大學」とは異なる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[島本和彦]コミケで大人気の「シン・ゴジラ」同人誌 小学館のマンガサイトで異例の公開
[00:08 8/25] ホビー
「みつどもえ」桜井のりお、9月から新連載!伏せ字だらけの予告が週チャンに
[00:00 8/25] ホビー
赤井&安室祭り!青山剛昌が描いた名場面がサンデーSの全サに、対峙する付録も
[00:00 8/25] ホビー
[BLUE GIANT]マンガ大賞2年連続ノミネート作が“終幕” 次号から海外編突入
[00:00 8/25] ホビー
[げんしけん二代目]最終話掲載で完結 豪華マンガ家執筆のイラスト小冊子も
[00:00 8/25] ホビー