カゴメ、「ウェアラブルトマト」開発へ - 走りながらトマトを補給!?

カゴメは22日、アートユニット明和電機とコラボレーションし、走りながらトマトを補給できる「ウェアラブルトマト」の開発プロジェクトを始動すると発表した。

「ウェアラブルトマト」開発イメージ、クリックで拡大

カゴメは、2月22日に開催される「東京マラソン2015」に協賛。「東京マラソン2015公認トマト」である、「高リコピントマト」、「ちいさなももこ」など合計7万個のトマトをランナーに提供する。また、東京マラソンのランナー向けに走りながらでも、トマトを食べることができるウェアラブルデバイス「ウェアラブルトマト」を明和電機とコラボレーションし開発する。

トマトに含まれる栄養素は、スポーツとの相性が良いとされるが、スポーツシーンではあまり食べられていないことに着目。トマトの課題である「携帯の難しさ」を解消するべく、「ウェアラブルトマト」の開発に踏み切ったという。

「ウェアラブルトマト」は2月19日に東京ビッグサイトで開催される「東京マラソンEXPO2015」にて披露される予定。また、東京マラソン2015当日には、小型の「ウェアラブルトマト」を身につけ、実際にトマト摂取実験を行うという。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事