「Windows 10」は期間限定で無償アップグレード可能 - Win 7以降が対象

 

米Microsoftは1月21日(現地時間)、メディア向けイベント「Windows 10:The next chapter」を開催し、今年後半に登場する予定の次期Windows「Windows 10」への無償アップグレード・プログラムを発表した。対象はWindows 8.1、Windows Phone 8.1、Windows 7(一部のハードウエアは対象外になる可能性あり)で、期間はWindows 10の発売から1年間。

イベントで同社はWindowsをサービスとして提供するビジョン「Windows as a Service」を説明した。メジャーリリースごとに新機能を提供するのではなく、サービスとして継続的にWindowsアップデートを提供することで、Windowsユーザーは常に新しい機能や技術に触れられ、Windowsの利用体験や安全も向上する。そうした新しいWindows環境がWindowsユーザー全体に浸透するように、MicrosoftはWindows 10を無償アップグレードで提供する。

Windows 10で開発者は、PC、タブレット、携帯電話、Xbox、Internet of Thingsなど幅広いデバイスに対応する単一のアプリケーション「ユニバーサルアプリ」を開発できるが、ユーザーのWindows 10へのアップグレードが進むほどにユニバーサルアプリを開発するメリットは大きくなる。WindowsデバイスやXboxで利用できるユニバーサルアプリが増えるほどにユーザーにとってWindowsプラットフォームが便利なものになり、Windows 10へのシフトが加速する。Windows 10へのアップグレードを促す無償アップグレード・プログラムは、Windowsエコシステムに良循環を起こす起点になり得る。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事