JR東日本「東京駅開業100周年記念Suica」1/30受付開始 - 発送は3月半ば以降

 

JR東日本は20日、「東京駅開業100周年記念Suica」発売の詳細について発表した。インターネットと郵送にて、1月30日から2月9日まで事前申込みを受け付ける。

「東京駅開業100周年記念Suica」は1月30日から事前申込みの受付開始

「東京駅開業100周年記念Suica」は昨年12月20日、東京駅丸の内南口にて限定発売されたが、購入希望者で駅周辺が殺到する事態となり、販売中止に。その後、増刷した上で希望者全員に発売すると発表していた。「ご購入を希望いただきましたお客さまに大変ご迷惑をおかけしました。あらためて深くお詫び申し上げます」とJR東日本。今後の発売に関して、インターネットと郵送にて事前申込みを行うとし、発売額は当初の発表通り1枚2,000円で、1人3枚まで購入可能とされた。

インターネットでの申込みは専用サイト(1月28日10時開設予定)にて行い、受付期間は1月30日10時から2月9日23時59分まで。郵送での受付期間は2月9日(消印有効)までで、専用パンフレット(1月28日以降、JR東日本のおもな駅に配置)の申込みはがき、または郵便はがきに必要事項を記載し、「東京駅開業100周年記念Suica」発売事務局宛に申し込む必要がある。

インターネットおよび郵送の重複申込みは不可。事前申込みを行った後、2月下旬に購入希望者へ専用払込票が送付され、3月9日までにおもなコンビニで支払いを行う。入金が確認され次第、3月19日から順次発送予定とされている。

なお、「東京駅開業100周年記念Suica」は今年度内に10万枚の追加増刷が整う予定。ただし、今回の発売にともなう希望総数に応じてさらに増刷される可能性があり、発送の時期が遅れる場合もあるとのこと。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ICONIQ改め伊藤ゆみ、グラビア初挑戦! 大胆ヌードで美ボディ披露
[16:08 8/29] エンタメ
島津製作所、乳がんの転移診断を支援する近赤外光カメラシステムを発売
[16:00 8/29] テクノロジー
東大、リチウムイオン電池の電解液として機能する「常温溶融水和物」を発見
[15:46 8/29] テクノロジー
現在の収入に「満足」48.1% - 資産・貯蓄に「不満」は過半数
[15:43 8/29] マネー
三井住友銀行をかたるフィッシングメールに注意 - JPCERT/CC
[15:43 8/29] 企業IT

本音ランキング