旭化成ケミカルズ、ポリカ樹脂の原料「DPC」の新製造プロセスを開発

旭化成ケミカルズは1月19日、ポリカーボネート樹脂の原料であるジフェニルカーボネート(DPC)の新製法として、ジアルキルカーボネート(DRC)を経由した製造プロセスを開発したと発表した。

同プロセスは、二酸化炭素とアルコールおよびフェノールを原料とし、同社が開発した触媒を用いてDRCを経由してDPCを製造する技術。従来の非ホスゲン法と異なり、エチレンオキシドを原料としないため、エチレンセンターに依存せず、製造場所の立地制約が緩和される。また、反応を簡素化したことで、非ホスゲン法に比べてエネルギー使用量および生産コストの低減につながるとされる。

なお、同社は岡山県倉敷市の水島製作所内に、この新プロセスの実証プラントを建設することを決定しており、2017年1月に稼動を開始する予定だ。

製造プロセスの比較



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事