ヘルシンキ空港、日本人を対象に出国審査に続いて入国審査も自動化に

フィンエアーグループ(本社: フィンランド、ヘルシンキ)が拠点を置くヘルシンキ・ヴァンター空港では1月15日より、ヨーロッパ各国に先駆け、日本人の空港利用者を対象とした入国審査における自動化ゲートを試験導入した。

入国審査における自動化ゲートの使い方

対象となるのは日本のICパスポート(※1)保有者で、ヘルシンキ空港のシェンゲンエリア(※2)に入国する際に利用できる。ヘルシンキ空港では2012年より、出国審査における日本人利用者向けの自動化ゲートを先行導入している。今回の導入により、出国だけでなく入国審査に要する時間も大幅に短縮され、よりスムーズで快適な欧州シェンゲンエリアへの入出国が可能となる。

利用方法は、(1)パスポートの顔写真ページを開いて読み取り機に向けておき、パスポートの顔写真ページを読み取る。(2)ゲートが開いたら中に入って右を向く。カメラで顔認証を行い、パスポートの顔写真と照合する。(3)2番目のゲートが開いたら、入国審査官のカウンターに進む。パスポートの出国スタンプを確認した後、入国審査官に入国スタンプを押印してもらう。なお、シェンゲンエリアの許可証を保有している人は、入国審査官に合わせて提示する。

また2014年7月、ヘルシンキ空港にはサウナも新設された新プレミアムラウンジがオープンした。フィンエアープラス、ゴールドおよびプラチナ会員や、oneworld加盟航空会社発行のエメラルドならびにサファイアステータスカードを保有者が利用できる。

※1: ICパスポートとは、2006年3月20日から申請受付を開始したIC旅券、つまり冊子中央にICチップおよび通信を行うためのアンテナを格納したカードが組み込まれているバイオメトリック・パスポートのこと
※2: シェンゲン協定加盟国(欧州内の26カ国)への入出国エリア

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事