富士ソフトとレノボがWindows Server 2003の移行支援で提携

 

富士ソフトとレノボ・エンタープライズ・ソリューションは、今年の7月15日でサポートが終了するWindows Server 2003を利用中の顧客に対する移行支援で提携すると発表した。

富士ソフトは、東京・秋葉原に「マイクロソフトソリューション&クラウドセンター」を有しており、今回のWindows Server 2003のサポート終了においても特設サイト「らくらくサーバー移行コンシェルジュ」を開設、昨年8月には「らくらくアップグレード for Windows Server 2003」の提供を開始している。

「らくらくアップグレード for Windows Server 2003」移行までの3STEP

「らくらくアップグレード for Windows Server 2003」は、Windows Server 2003 で稼働しているアプリケーションサーバを独自技術の集約により、アプリケーションの互換性問題を解消してOS アップグレードを自動化し、アップグレード後の仮想サーバイメージを提供するソリューション。

一方、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズは、Windows Server 2003ユーザーの移行を支援する体制として、2014年12月に東京 秋葉原の本社内に「Lenovo Windows EOS駆け込み寺」を開設。各種移行支援ソリューションの中から最適なソリューションの提案を行っている。

両社は今回の提携により、富士ソフトの「らくらくアップグレード for Windows Server 2003」が「Lenovo Windows EOS駆け込み寺」ソリューションメニューとして追加される。 今後は両社の秋葉原の拠点を中核として「Lenovo Windows EOS 駆け込み寺」や「らくらくアップグレード for Windows 2003」などの製品・サービス、および両社が有する移行支援スキル、ノウハウを結集したセミナー共催等を通じて、最適な移行方法の提案を行うとともに、富士ソフトの「らくらくアップグレード for Windows Server 2003」と、レノボ System x を組み合わせた移行オファリングを拡充していく。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

マツダ、タイのパワートレイン工場に221億円投資 - 生産能力を増強
[18:01 8/30] テクノロジー
洋楽人気対決 - ブラックモアズ・レインボー 40歳以上限定
[18:00 8/30] エンタメ
佐々木希、連続殺人鬼として再登場 - 波瑠と横山裕は警戒してホテル生活へ
[18:00 8/30] エンタメ
理研と産総研、包括的連携に関する基本協定を締結 - 2050年の課題解決に挑む
[17:57 8/30] テクノロジー
デノンの新作イヤホン3機種を聴いてきた - 新たな最上位ヘッドホンやBluetoothイヤホンの参考展示も
[17:47 8/30] スマホとデジタル家電