ヒロミ、最近の司会者に苦言「下手」「だからテレビが面白くないのかな」

 

タレントのヒロミが、11日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~10:55)に出演し、最近のテレビ司会者に苦言を呈した。

テレビ司会者に苦言を呈したヒロミ

お笑いトリオ・B21スペシャルのメンバーとして1980年代後半に一世を風靡し、これまで27本のレギュラー番組でメインMCを務めてきたヒロミ。一時は第一線から退いていたが昨年から芸能界に本格復帰を果たし、ゲストなどでバラエティ番組への出演が増えている。

同番組で司会を務める東野幸治が「何か感じることはあるんですか?」と最近のバラエティ番組に対する印象を聞いたところ、ヒロミは「MCが下手だなと思う」とズバリ。ゲスト出演した際に「あれ? こんなんでいいんだ」と疑問に思うことがあるそうで、「テレビを面白くするためにはMCってすげえ大事だと思っている」と司会業の重要性を説いた。

ヒロミいわく、全体を仕切ることができるMCがいる一方、「ここだけ(小規模)でやるMCが多い」。「ゲストが何十人もいたらそれを『うまいこと巻き込んでやっていこう』というのを感じない」とその印象を伝え、「編集したら多少面白い番組になっているかもしれないけど、出ている人たちにとっては"やった"感がない」と手応えのない番組があることを明かした。

また、ダウンタウンを例に司会者の心構えを「自分が面白いということよりも、出た感じの雰囲気が盛り上がったなとか。そこを合格点にしていると思う。全体が盛り上がらない時の方が(気分が)落ちると思う」と説明。「それをこの人たちは分かっているのかな」と最近の司会者の振る舞いを嘆き、「(司会の役割が)小さくなっているというのをすごく感じる。だからテレビがあまり面白くないのかなとか思っちゃう」と正直な意見を述べた。

ここまでヒロミが熱く語るのは、「最近はどこに行っても『テレビつまんないですよね』って言われることが多い」から。「この子たち、大丈夫なのかなぁ。もっと面白くできるのに面白くしないのかなって思ったりする」「(収録の)時間なんかもいくらでもコントロールできる。MCはそういう立場。スタッフが出してきたものを、多少なりともプラスで返さないと。高い金もらってるんだからさ、申し訳ないじゃんか」と期待を込めて、テレビ業界の現況を伝えた。

ゲストの小倉智昭はこれに「すごくよく分かる。料理の仕方はうまいんだけれども、しゃべっている人としか番組をやっていないという、それの積み重ねで番組をやっているバラエティとか多いよね」と同意。同番組レギュラーを務めるダウンタウン・松本人志は「頑張ってた人たちがMCになって、僕らの時代はMCになれた頃はわりと好きにできていた」と振り返りつつも、「今の人はそこまで一人前になってない人もMCやったりするから、たぶん彼らもどうしていいか分からへんかもね。なんならスタッフとの力関係がスタッフの方が上だったりするよね」と同情する見方も示した。

関連キーワード

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【連載】たぶん そのぶん ふたりぶん 第39回 とにかく何でも味見!
[14:00 6/30] ライフスタイル
[三浦春馬]ドラァグクイーン役に手応え ソニンは「セクシーさに憧れる」
[13:52 6/30] エンタメ
三菱電機と日立が共同提案の製造業向けIoTテストベッドをIICが承認
[13:49 6/30] テクノロジー
ルフトハンザ、エアバスA320ファミリー全機で機内インターネットサービス
[13:44 6/30] 趣味
[USJ]「DEATH NOTE」の脱出ゲームがお披露目
[13:39 6/30] エンタメ

本音ランキング