西山茉希、夫・早乙女太一への不満爆発! Twitterでは「旦那最低」「不憫」

俳優・早乙女太一の妻でモデルの西山茉希が、6日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『今夜くらべてみました』(毎週火曜23:59~24:54)に出演し、夫への不満を爆発させた。

早乙女太一(左)と西山茉希

「今年どうするか気になる女たち」として、鈴木亜美、三倉茉奈と共に出演した西山。番組では「うまくいくわけがない」「いつ離婚しても驚かない」といったネットの声が紹介され、司会のフットボールアワー・後藤輝基が「常に破局説が流れますけども」とその話題に触れると、西山は「そうですね。結婚してると思ってるのが2人だけなんじゃないかぐらい」と淡々と答えた。

週刊誌で早乙女からの"路上DV"が報じられ、一時は破局がうわさされた2人。2013年6月に結婚し、同年10月に第1子女児を出産した。後藤から「今はちゃんとお父さんやってくれていますか」と聞かれた西山は、しばらくの間を置いて「そうですね」と返答。「公演が多い方なので」と理解は示しつつも、公演日を装って富士急ハイランドに行かれた話をはじめ、夫の自由奔放な数々のエピソードを暴露した。

職業柄、共演者との付き合いなどで帰りが遅くなることは大目にみていた西山。ある日、「毎晩3時、4時(に帰る)と言われても、それは違うんじゃないかなって思う」と正直な思いを伝えたところ、早乙女は「(明日は)僕が(子どもを)見てるから」と西山の言い分を受け入れたという。翌日、西山はその気遣いに感謝しながら出かけようとすると、早乙女から返って来た言葉は「え!? 本気?」。その後、帰宅した時に娘のそばにいたのは早乙女の祖母で、夫の姿はそこにはなかった。

また、ある日突然「僕が旅行いくならいつがいい?」と聞かれたことも。「そっちのスケジュールだから決められない」と答えると、早乙女は翌日朝6時頃に「行ってきます」と言い残して沖縄へと旅立っていった。その日は連休で、家族で過ごすことを楽しみにしていた西山は絶句。当時を思い返しながら西山は「怒っても『何で?』って言われるんです。『じゃあ、全部僕は休みの日に家にいればいいの!?』って」と吐露した。

夫婦間の数々のエピソードに、観覧席からは「えー!?」と悲鳴が上がり、鋭いツッコミで番組を盛り上げる後藤も「あはははは」とただただ笑うしかなくなる場面も。放送後、Twitterでは「早乙女太一にも言い分はあるんだろうけど」と西山の一方的な意見だと指摘する声のほか、「旦那最低」「西山茉希が不憫」「かわいそう」「夫婦仲心配」「大変だな…」「よく我慢してるわ」「頑張れ」といった同情の声も多数上がっている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事