バナナマン設楽とバカリズムが日村の技量に「芸能界でもいない!」と賞賛

お笑いコンビ、バナナマンの設楽統と日村勇紀、お笑い芸人のバカリズムが27日、東京・新宿の紀伊國屋ホールでDVD『そんなバカなマン』(発売中 4,104円 販売元:ポニーキャニオン)の発売記念イベントを行った。

DVD『そんなバカなマン』の発売記念イベントを行った設楽統(左から)、バカリズム、日村勇紀

今年4月と7月にフジテレビ系の深夜で放送された『そんなバカなマン』。出会って20年、今や人気コンビ&ピン人として成長したバナナマンとバカリズムが初めてタッグを組んだバラエティー番組で、多くの反響を受けて待望のDVD化となった。"そんなバカな!?"をキーワードに、同番組だけでしか見られない3人の関係性や爆笑トーク&ロケ&コントなどが繰り広げられる。

購入者から選ばれた約400人の観客が集まった発売記念イベントに、バナナマンの2人とバカリズムが登壇。設楽が「すごいですね~。年末の時期に来ていただいてありがたいです。俺1人も来ないかと思ったもん」と観客を笑わせ、日村も「すごくない? レギュラー番組でもないのにさ。今後あるかもわからないのに。DVD買ってくれるってすごくない?」と驚いた様子。続けて番組内で放送した仮説コーナーを振り返り、「エレベーターの中で大きな声で話す女はドスケベ」という仮説にバカリズムは「エレベーターで大きな声で話すヤツは頭悪いからこそ何でもやる。飲食で話す人もドスケベでしょ」と毒舌を吐いていた。

また、この日は同番組のコーナーでもある「パシフィック・ヒム」の未公開映像を公開。同コーナーは設楽とバカリズムの指示をインカムで受けた日村が口にしたり行動するというものだが、指示を忠実にこなす日村の姿を改めて見た設楽が「やりながら言葉に出すって結構難しいんですよ」と称えれば、バカリズムも「芸能界でもいないですよ! 聞いてすぐ違和感もなく口に出すなんてすごいですよ」と賞賛していた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事