リンクス、Celeron N2808搭載のECS製ベアボーン「LIVA X」

リンクスインターナショナルは26日、Intel Celeron N2808を搭載する小型ベアボーンキット「LIVA X」を発表した。1月下旬より発売する。価格はオープン。

LIVA X(ディスプレイは別売)

Intel Celeron N2808を搭載する小型ベアボーンキット。ファンレス設計により無音動作を実現している。標準でeMMC 64GBのストレージと4GBの低電圧DDR3Lメモリを搭載。ストレージ拡張用としてmSATAスロットも用意されており、大容量SSDを接続してOSをインストールできる。

主な仕様は、CPUがIntel Celeron N2808(1.58GHz)、メモリスロットがDDR3L 4GB、グラフィックスがIntel HD Graphics(CPU内蔵)、ストレージがeMMC 64GB、ストレージ拡張用インタフェースがmSATA×1。

主なインタフェースは、Gigabit Ethernet対応有線LAN×1、IEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0、HDMI×1、D-sub×1、USB 3.0×1、USB 2.0×2、音声出力 / マイク入力のコンボジャックなど。75mm/100mmのVESAマウントが付属。本体サイズはW135×D83×H40mm、重要は約445g。

人気記事

一覧

新着記事