サンクトガーレン、バレンタインシーズン限定の"チョコビール"4種を発売

 

神奈川県厚木市の地ビールメーカー、サンクトガーレンは2015年1月9日に、バレンタイン向けのチョコレート風味ビール、通称"チョコビール"を4種の味で一斉発売する。同社の"チョコビール"は、チョコレートを使った甘いビールではなく、ビールの材料のみで造ったビターなカカオのような風味のビールだという。

バレンタイン向け"チョコビール"を4種の味で発売

ビターチョコやコーヒーを思わせるほろ苦さを最大限に引き出した"チョコビール"

通常ビールに使う麦芽(ベース麦芽)は約85度で焙煎し、きつね色をしているが、同ビールに使う麦芽は約160度の高温で焙煎している。ベース麦芽が焦げる寸前の状態で、色はダークな茶色。かじるとほろ苦いビターチョコのような風味がすることから"チョコレート麦芽"と呼ばれている。チョコレート麦芽がもたらすダークな色や、カカオのような香ばしい香り、ビターチョコやコーヒーを思わせるほろ苦さを最大限に引き出したのが同社の"チョコビール"とのこと。

「インペリアルチョコレートスタウト」は、2006年より毎年バレンタインシーズンに限定販売している"チョコビール"の代名詞といえる商品で、累計販売本数は20万本を超える。通常の黒ビールの2.5倍以上の原料を使用しているにも関わらず、1回の仕込みで通常ビールの半分程度しか量ができない、超特濃ビール。泡はシェイクのように固く真っ黒で、フルボディの赤ワインに負けない飲み応えがあるという。アルコールが9%あり、ワインのように2年間熟成が可能。容量330mlで、価格は648円(税込)。

「スモークドチョコレートスタウト」は、チョコレート麦芽とともに、ブナの木で燻煙したスモーク麦芽を使用。カカオを思わせる香ばしい風味と、スモーキーな風味が複雑に絡み合うという。アルコール6.5%。容量330mlで、価格は540円(税込)。

左上「インペリアルチョコレートスタウト」(648円・税込)、右上「スモークドチョコレートスタウト」(540円・税込)、左下「オレンジチョコレートスタウト」(540円・税込)、右下「スイートバニラスタウト」(463円・税込)

「オレンジチョコレートスタウト」は、マーマレードに使われる "橙(だいだい)"というオレンジを皮ごと細かく刻み、ジャムをつくるように長時間煮込んで風味を凝縮。それをビールの基になる麦汁(ばくじゅう/ノンアルコールの麦ジュース)に合わせて発酵させた。オレンジピールにチョコレートをコーティングしたお菓子"オランジェ"のような味わいのビールだという。アルコール6.5%。容量330mlで、価格は540円(税込)。なお、日本の酒税法では果実がビールの原料と認められていないため、同商品は発泡酒表記となる。

「スイートバニラスタウト」は、エスプレッソのように濃厚な黒ビールにバニラの香りを溶け込ませている。飲み口は甘くまったりで、後口はバニラチョコのような仕上がりだという。エッセンスなどの人工物は一切添加せず、一流パティシエも使用する パプアニューギニア産のAグレードバニラを使用している。アルコール6.5%。容量330mlで、価格は463円(税込)。日本の酒税法ではスパイスがビールの原料と認められていないため、同商品は発泡酒表記となる。同商品のみ唯一通年で販売。1月9日にバレンタインラベルで本数限定で発売する。

サンクトガーレン直営オンラインショップでは現在、"チョコビール"4種セットの先行予約を受け付けている。また、日本橋タカシマヤ、新宿タカシマヤ、玉川タカシマヤ、横浜タカシマヤ、柏タカシマヤ、大阪タカシマヤ、京都タカシマヤ、東京駅構内「LE COLLIER MARUNOUCHI(ル コリエ 丸の内)」ほか、全国のサンクトガーレン取扱店の店頭でも購入可能となる。

さらに、2015年1月9日~18日、東京ドームで開催される「ふるさと祭り東京2015」のサンクトガーレンブースで4種のチョコビールのボトル販売と、樽生での販売を実施。1杯500円~の販売のほか、4種類一気に楽しめる"飲み比べセット"(1,000円)も用意する。 

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「デビットカード」ってどんなカード?
[07:00 7/29] マネー
米利上げ見通しは過小評価されていないか
[07:00 7/29] マネー
ねこのはなしをしようか 第17回 網膜が焼ける
[07:00 7/29] 趣味
熱中症になったことがある人は54% - 意外と知られていない対処法は?
[07:00 7/29] ヘルスケア
ふるさと納税、認知率はほぼ100%も実施率は10%にとどまる - なぜ?
[07:00 7/29] マネー