In Win、シンプル・低価格でも拡張性が高いATXミドルタワーケース

 

CFD販売は19日、In Win製のPCケース「IW-BWR146W」を発表した。12月下旬より発売する。店頭予想価格(税別)は8,000円前後。

IW-BWR146W

アクリル製のサイドパネルを備えたATX対応のミドルタワーPCケース。外観はシンプルながら、拡張性の高いモデルに仕上がっている。標準搭載ファンは前面に120mm×1基。オプションで前面に120mm×2基、底面に120mm×1基、背面に90mm×1基を搭載可能だ。マザーボードベースには、CPUクーラー交換ホールが設置されている。

クリックで拡大

搭載ベイ数は、外部5.25インチベイ×1基、内部3.5インチベイ×2基、内部3.5インチベイ×4基、内部2.5インチベイ×2基。ケーブルを逃がすためのスペースも設けられている。

そのほか主な仕様は、拡張スロット数が7基、拡張カードスペースが最大400mmまで。外部インタフェース類はUSB 3.0×1基、USB 2.0×1基、オーディオ入出力。本体サイズはW210×D477×H432mm、重量は約5.4kg。対応フォームファクタはATX / マイクロATX。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

宇都宮LRT整備事業、国土交通省が正式に認定 - 2019年12月の運行開始めざす
[15:57 9/28] ホビー
山田孝之、映画『ジョジョ』史上最低の殺人鬼役に「たぶん素に近い」
[15:50 9/28] エンタメ
メルセデス・ベンツ、クラス初のオープンモデル「Cクラス カブリオレ」発売
[15:47 9/28] テクノロジー
JPCERT/CC、OpenSSLの脆弱性に注意喚起
[15:46 9/28] 企業IT
トヨタ「C-HR」新型コンパクトSUV、日本仕様の概要を初公開 - 年末に発売へ
[15:42 9/28] ホビー