板野友美、AKB48時代のソロ活動に葛藤「これでいいのかな…」

 

元AKB48で歌手の板野友美が、18日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ユミパン』(毎週木曜24:55~25:10)に出演し、AKB48時代のソロ活動に関して悩みがあったことを告白した。

AKB48時代のソロ活動に関して悩みがあったことを告白した板野友美

2013年8月にAKB48を卒業した板野。これまでソロシングルを6枚リリースし、卒業後は今年2月に「little」、今月17日に「COME PARTY!」をリリースした。板野はAKB48時代のソロ活動について「歌詞を前日にもらって、それをすぐに覚えてのレコーディングだった」と常に時間に追われていたことを明かし、「自分の思い通りにいかないというか、『これでいいのかな…』と焦ることも多かったんです」と葛藤があったことを打ち明けた。

卒業後は「ソロに費やす時間があるので、曲作りから一緒に参加させてもらって」「レコーディングの前に歌詞を確かめながら音程を合わせて」と余裕をもって楽曲と向き合うことができているという。「段階を踏んでできるので、落ち着いてマイペースに曲を作れるし、その曲に対してすごく思いもこもって」と説明し、「やっぱり楽しいなと思います」と充実感をうかがわせた。

関連キーワード

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『Dimension W』、メインキャスト出演のスペシャルイベント開催
[20:39 8/24] ホビー
JR北海道、台風の被害状況を発表 - 石北本線・釧網本線を中心に土砂流入も
[20:37 8/24] ホビー
日産の想定を軽く超えた「新型セレナ」への期待値
[20:35 8/24] 経営・ビジネス
日産、新型セレナ発売イベント「プロパイロット」公道デビュー - 写真47枚
[20:24 8/24] ホビー
[松岡茉優]個性派ブラウス×赤のミモレ丈スカートで秋先取り
[20:14 8/24] エンタメ

本音ランキング