ブレインパッドとアライドアーキテクツ、DMP分野でサービス連携を開始

ブレインパッドは12月18日、Webプラットフォーム・レコメンドエンジン「Rtoaster(アールトースター)」と、ソーシャルメディアマーケティング支援事業を手がけるアライドアーキテクツのクラウド型DMP「BRANDCo(ブランコ)」とのサービス連携を開始した。

「Rtoaster」と「BRANDCo」のサービス連携イメージ

「Rtoaster」は、サイト内のユーザー行動やCRMデータ、外部データなどを利用したプライベートDMP機能とレコメンドエンジンをベースに、一人一人のユーザーの趣味・嗜好に応じた情報を多様なチャネルで提供するレコメンド型パーソナライズ・ソリューションとなる。

一方、「BRANDCo」は、Web上の顧客接点を一カ所に集約する「ファンサイト」を、独自のCMSで作成できるクラウド型DMP。キャンペーン機能やアンケート機能を搭載し、これらプロモーション活動を通じて取得した各種データをクラウド上で蓄積・分類することで、マーケティングへ活用することができる。

今回の連携により企業は、「Rtoaster」に蓄積したオウンドメディア上におけるユーザーの行動データ等を基にしたプライベートDMPのデータと、「BRANDCo」のファンサイト上でキャンペーン等を通じて取得したプロモーションデータを連携することで、顧客価値の可視化が可能となるほか、ターゲティング広告やCRM施策といったマーケティング施策に活用が可能。

同サービスの導入企業が自社のオウンドメディアにおいて、IDやパスワードを入力することなくアプリケーション間の連動を行う「OAuth連携」を採用する場合、ユーザーはファンサイト登録時に企業アカウントでログインすることができ、よりシームレスに顧客データの取得を行うことができるといったメリットもある。

導入には、「BRANDCo」と「Rtoaster」の契約と、7万円(税別)の追加費用が必要となる。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事