NASA、火星の大気で原因不明のメタン変動を検知

アメリカ航空宇宙局(NASA)は12月16日、火星探査機「Curiosity」が大気中のメタン量の変動を検知したほか、岩石サンプルから有機物を発見したと発表した。

NASAが20カ月にわたって大気を調査したところ、一時的なメタンの増加を複数回検知した。研究グループによると「現地に何かしらの発生源があると思われる」という。メタンは微生物が発生させることで知られるが、現時点で発生源の特定には至っておらず、水と岩石の相互作用など、さまざまな可能性がある。

さらに、Curiosityが採取した岩石サンプルからは複数の有機物が検出された。ただ、サンプルが採取されて温まった際に有機物の構造が変わってしまい、この岩石が火星で形成されたものか、隕石によってもたらされたものかはわからなかった。

研究グループは今後、メタン量の変動原因について調べるとともに、火星由来かどうか特定可能な有機物を検出できる岩石サンプルを探していくとしている。

火星でメタンが発生・除去される原因となる可能性があるものをまとめた図 (C)NASA/JPL-Caltech/SAM-GSFC/Univ. of Michigan

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事