NASA、火星の大気で原因不明のメタン変動を検知

  [2014/12/17]

アメリカ航空宇宙局(NASA)は12月16日、火星探査機「Curiosity」が大気中のメタン量の変動を検知したほか、岩石サンプルから有機物を発見したと発表した。

NASAが20カ月にわたって大気を調査したところ、一時的なメタンの増加を複数回検知した。研究グループによると「現地に何かしらの発生源があると思われる」という。メタンは微生物が発生させることで知られるが、現時点で発生源の特定には至っておらず、水と岩石の相互作用など、さまざまな可能性がある。

さらに、Curiosityが採取した岩石サンプルからは複数の有機物が検出された。ただ、サンプルが採取されて温まった際に有機物の構造が変わってしまい、この岩石が火星で形成されたものか、隕石によってもたらされたものかはわからなかった。

研究グループは今後、メタン量の変動原因について調べるとともに、火星由来かどうか特定可能な有機物を検出できる岩石サンプルを探していくとしている。

火星でメタンが発生・除去される原因となる可能性があるものをまとめた図 (C)NASA/JPL-Caltech/SAM-GSFC/Univ. of Michigan

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

睡眠不足による記憶力の低下は脳への刺激で補える - 理研らがマウスで発見
[11:06 5/27] テクノロジー
高橋一生主演『民王 番外編』最終話に山内圭哉の"新田くん"登場
[11:00 5/27] エンタメ
【特別企画】超級香港迷がオススメ、欲張り男子も満足させる香港の魅力
[11:00 5/27] 趣味
チュート徳井、有吉の思いに涙 -「好かれていない」と悩んでいたが実は…
[10:55 5/27] エンタメ
【コラム】実はこんなに素晴らしい! エンジニア文化の当たり前 第4回 teratail回答ユーザーに聞く、なぜそこまでシェアするの?
[10:43 5/27] 企業IT

特別企画 PR