シャープ、ブラウザで電子書籍が手軽に閲覧できる法人向けソリューション

シャープは12月16日、イオングループの書籍専門店「未来屋書店」が運営する「電子書籍ストア mibon(ミボン)」に、汎用のWebブラウザだけで電子書籍が手軽に閲覧できるソリューション「EBLIEVA(エブリーバ)ブラウザビューア」が採用され、サービスの提供を開始したと発表した。

「電子書籍ストア mibon」キャンペーンバナー

また、カタログ通販サービスのニッセンと連携し、ニッセンのサービスサイトを訪れた会員に対して、電子書籍(雑誌)を無料で楽しめる「コンテンツギフト」ソリューションを提供。会員は、雑誌の最新号をスマートフォンなどで楽しめる。

ニッセン「コンテンツギフト」ソリューション

さらに、マーケティングソリューション企業のCDGと連携し、サービス業や飲食店の待合室など、訪れた場所でのみ電子書籍(雑誌)を閲覧できる「マガジンスポット」ソリューションを提供。利用者は、待ち時間に自身のスマートフォンなどで雑誌を無料で閲覧できる。

CDG「マガジンスポット」ソリューション

シャープは今後も同ソリューションの利便性を活かし、様々な業種に電子書籍の活用を提案していくという。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事