妻夫木聡「目の前にあることに挫けず突き進んで!」と学生にエール

  [2014/12/16]

俳優の妻夫木聡、映画監督の石井裕也が15日、東京・小平の武蔵野美術大学で行われた映画『バンクーバーの朝日』ティーチイン付き試写会に出席した。

映画『バンクーバーの朝日』ティーチイン付き試写会に登場した妻夫木聡

本作は、戦前のカナダ・バンクーバーを舞台に、差別や貧困の中にあってもフェアプレーの精神でひたむきに戦い抜き、白人社会からも絶賛と人気を得た日系人で構成された実在の野球チーム"バンクーバー朝日"を描いた作品。公開を間近に控えたこの日は、武蔵野美術大学で大学生を対象にした試写会が実施され、試写会後に特別野外授業として妻夫木と石井監督が学生からの質問に応じた。

まずは石井監督が「僕は大阪芸大出身ですが、むさびはオシャレで羨ましいとずっと思ってました。だから今日来ることができてうれしいです」と笑顔を見せ、妻夫木は「この映画で目の前に一生懸命なるというか挑むことを学ばせてもらいました。この映画を見て、そういうことを感じてもらったらいいし、そういう熱い思いを誰かに届けて下さい」とアピール。質疑応答では、芸大ということで技術的なことなどの質問が集中する中、卒業制作を控える4年生から「オススメの体調管理は?」という質問に妻夫木は「僕は不器用なので、映画が始まる1カ月ぐらいからあまり仕事を入れません。本当に作品に没頭するタイプで、私生活まで役に引きづられます。食べるものや顔つきも変わり、だから体調管理をしていません(笑)。ご飯さえ食べれば大丈夫だと思うので、頑張って下さい」と回答した。

質疑応答が終わった後、妻夫木は「目の前にあることにくじけず進んで下さい。僕なんか何百回も失敗しているので。好きだから続けられるというのもあるし、可能性を信じて下さいね」と学生たちにエール。また、学生の印象として「むさびのみんなの目はキラキラしていたよ」と語るなど、学生から刺激を受けた様子だった。映画『バンクーバーの朝日』は、12月20日より全国公開。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

櫻井翔&小山慶一郎、日テレ参院選特番に冒頭から登場「歴史的な夜に」
[06:00 6/26] エンタメ
[欅坂46]結成1年目最後の日に“けやき坂”でライブ テレ朝夏祭りに出演
[05:00 6/26] エンタメ
欅坂46、デビュー1年目最後の日にけやき坂でライブ「すごく大事な場所」
[05:00 6/26] エンタメ
[内田理央]「MORE」連動の水着写真集 逢沢りなと2ショットも
[00:00 6/26] エンタメ
『ニンジャスレイヤー』、コンピアルバム「伐」発売記念でニコ生一挙放送
[00:00 6/26] ホビー

本音ランキング